2009年 05月 12日
朝練にて
幼稚園から高校生まで剣道をやっていた。
まあ、子供の時は、やらされていたんだけど。

剣道は想像以上にハードな武道である。
練習は、あの重い防具を着けての、それはもうきついものである。
子供にとって楽しい練習なんて剣道には無い。
ましてや究極の個人競技である。
それに冬の朝稽古なんて、半泣きでやっていた。

「切り返し稽古」ってのがあるんだけど、3分間ほど撃ち合いが続く。
これはもう失神寸前まで続く。

当然、次の稽古に行くのが憂鬱になる。

それが中学生になって、誰も期待してなかったのに初段がとれた。
自分でも驚くくらい練習が苦にならなくなって、試合にも勝つようになった。
つまり前向きな気持ちが、克服力を培っていった。


毎週月曜日のスイムトレーニングは、僕のレベル的にはハードだ。
最後のスイムの追い込みの時は、いつも「来週はやめた〜〜」って思いながら泳ぐ。
なんたって別に試合に出るわけでもないのだし。
でも、また翌週泳いでいる。
自然に週末同じメニューで練習を組むようになった。

60分
UP 25×8(choice)
Kick 50×4(Fry,Ba,Br,Fr25×4/cho25×4)
Kick 75×2
Pull 50×8(1'30")
Fr 75×2(2”00’)
Fr 50×6(1'30")
Down 100

total 1500m

今朝、このトレーニングをこなしながら思い出した。
子供の時の苦しい剣道の練習の先に見出した、克服の楽しさを。

やめることは凄く簡単なのに頑張っている自分が少し可笑しかった。
[PR]

by kkmelmo | 2009-05-12 00:19 | daily scene


<< 辻堂      SUN POIKO >>