2006年 06月 27日
カビエデス
ワールドカップも佳境ですが、日本人的には既に冷めてしまったのでしょうね。
以前僕も書きましたが、明らかに日本はいつのまにかワールドカップを舐めていましたね。
前回は開催国のシードを貰っていたわけだから、なんの参考にもならなかったはず。
メディアも含めて、恐ろしいことに当然のごとく楽勝に決勝リーグに駒を進められる雰囲気を作り出していた。
いやいや、そんなあまい物ではありませんよね。

やっぱりワールドカップの真剣勝負は凄い・・・。
そこは世界中のサッカー選手達のオープン市場なわけで、それぞれの勝負に彼らの人生がかかっている。
それと当然背中にそれぞれの国のもの凄い威信を背負っている。
親善マッチはもちろん、コンフィデすら参考にならないんですね。

チャラチャラ香取君と国分君がテレ朝やTBSで騒ぎ出した頃から嫌な予感がしだしていたが、
なんか凄く営業チックにワールドカップを迎えつつある状態になっていった。
(やべっちと加藤は僕は信用している、何故なら日頃からJリーグをフォローしてるもの)
ちょっと日本代表サッカーがバレーボール化する危険を感じてしまったのは僕だけだろうか?
まじで、いかんいかん!!
もっとマジメに4年間の日本代表サッカーを見つめなければダメですね。

とにかくこの4年間ジーコが、どんなサッカーを目指しているかが解らなかった。
自主性を重んじた指揮はヒデと他選手との軋轢を生み、それぞれの価値観が非効率に存在する
解散寸前のロックバンドみたいになってしまっていたのではないだろうか。
フォーメーション以前に最終的に開催直前に「走る」ことが課題になっていたチームは如何なものだろうか?
ヤナギは?小野は?宮本は?という細かいことはいいとして、
いったい何だったんだろうジーコサッカーの目指すものとは?
ただこの4年の日本サッカーの失速を思うと、けっしてジーコや選手だけに原因があるわけではないのでは。

今回も熾烈な南米から勝ち抜いてきたエクアドルは強かった。
これといったスター選手はいない地味なチームだが、メキシコとともに泥臭く予選での勝利を掴んできた。
昨日ベッカムの芸術的なFKによって残念ながら敗退してしまったが、多くの心に残るチームプレーを見せてくれた。
徹底的に細かくパスを繋ぐ、そして泥臭くプレスからボールを奪い諦めずにサイドから攻め続ける。
とにかくボールを持っていても、持たれてもひたすら走る。
非常にシンプルだがそのサッカーが、猛暑の中イングランドを必死にさせていた。

カビエデスはそのエクアドルのベテランFWである。
かってはイタリア・ペルージャで中田とチームメイトだったことでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
あの頃はまだ線の細い少年でエクアドル本国ではスターであったが、セリエAでは若さが露呈して空回りであった。
そのカビエデスが28才になり精悍な面持ちでエクアドルチームを引っ張って戦っていた。
予選ではホーム戦が標高の高いキトで行われるため、その標高のおかげで勝ち抜けたと辛口の論評をされた。
でもカビエデスは逞しく必死で走っていた。
もう先発ではないようだったけど、そのチームの重要な役割を担っていた。
選手としてのピークは過ぎていたけど、泥臭くボールを奪い走ってゴールを決めていた。
ベッカムはピッチ上で吐いてもなんか格好いいけど、カビエデスにはそんな可憐さなんてなかった。
でもそんなカビエデスを見ていて僕はかなり恥ずかしく思い、少しエクアドルサポーターが羨ましかった。
カビエデスはサッカーはシュートを打ちつづけなければ得点できないというシンプルな美学を見せてくれた。
c0010769_036019.jpg

けっして華やかでないカビエデスのサッカー人生の集大成としてのイングランド戦が終わったようだ。
[PR]

by kkmelmo | 2006-06-27 00:51 | amusement


<< 富士額      マイちゃんよりバトンです。 >>