2007年 02月 13日
最近思うこと
父の脳梗塞再発からもすぐ2ヶ月になる。
今彼は、豊中の近代的なリハビリ病院で頑張っている。
そこの療法士の方々は彼にとってほぼ孫の世代である。
「はい、お世話になります」
「いろいろ有り難うございます」
彼はまったく彼らを大事な先生とし、尊敬の挨拶をかかさない。
そんな父を誇りに思う。
そんなピュアな父の姿勢からだろうが、多くの病院関係者から暖かい関係を貰っている。

まったく右半身は動かなかったけど、今は締まりかけたエレベーターに走るまでになっている。
「K父さん!!走っちゃだめ!!」
その通りです。
でも嬉しいことです。

僕ら家族は兄家と協力して父へのケア体勢が続いている。
でも兄家の愛する姪っ子の優ちゃんは、なんと大学受験である。
さいわいイイ感じで合格の嬉しいメールが日々届いている。
がんばれ!優ちゃん。
我が家は子供もいないし、妻はメルモとともに移住して完全看病体勢をとってくれている。
我が妻ながらその優しさと、それにともなうタフさには敬服している。
彼女は、すっかり関西地区にとくに関西地区番組に詳しくなっている。

ということで、僕は久々の単身生活状態(逆単身赴任)が続いている。
日頃いかに妻に甘えた生活に慣れていたことかを痛感する次第である。
33歳まで独身ひとり暮らしの経験はあるが、やはり多忙な日々にはきついこともある。
ゴミも出すし、宅急便も来るし、洗濯、食事などなど・・・。
でもかえって燃える僕は、律儀に雑穀炊飯をし大根の味噌汁を作っている。
まあ大事な経験だなと思っている。

ウィークデイは仕事、週末は兄と調節して帰郷という日々が続いている。
大変だけど逢うたびに父は回復しているし、表情が格段に明るくなっている。
それはどんなに我々の前向きな気持ちの助けになっているか。
そんな最近の多くの移動時間にはひたすら本を読んでいる。
c0010769_2237177.jpg

なにげに新大阪駅で買った本。
ビートルズの怒濤の数年間の現場広報マンの綴った記録である。
こういうドキュメンタリーは結構現場スタッフの視点が面白い。
あまりビートルズ4人は出てこない。
あくまでもその裏方達の赤裸々な戸惑いも含めた記録である。
そのリアリティは、ちょっと同業の僕にはとても面白く思えた。
それにしても「モー娘。」のプローモーションの基本はビートルズスタッフが作った様ですね。
c0010769_2239963.jpg

これは仕事で一緒だった某ギタリストから借りました。
あまり詳細は語りませんが、なかなか興味深かった。
その赤裸々さが説得力を持った。

ビートルズも雅子様も僕も、日々の問題をいかに乗り越えていくかという事なんだろう。
[PR]

by kkmelmo | 2007-02-13 22:48 | daily scene


<< 出会う喜び      美しい国 >>