2008年 03月 11日
僕のアイドル
ちょっと恥ずかしいけど僕が最近夢中になっている女の子(!?)を紹介します。
名前はTal Wilkenfeld (タル・ウィルケンフェルド)。
シドニー出身のまだ21歳の超カワイイ天才ベーシストです。
昨年のエリッククラプトンによるシカゴでのクロスロード・ギター・フェスティバル
でのジェフベックとのセッションで僕は打ちのめされました。
c0010769_0544588.jpg

小柄な体にちょっと無理があるくらいのフェンダージャズベースを弾きまくります。
その音はビックリするくらいタイトでかつ当然ですがタイム感は驚異的。
フレーズのセンスは・・・・、天才です。
ジェフベックもこの孫とも言える世代の彼女に、敬服しながらジャムっていました。
c0010769_0551013.jpg

眉間にシワををよせて弾きまくって、その後ろ姿は半ケツジーンズ。
ああ、カッコイイ。

僕は彼女のソロアルバムは既にゲットしましたが今後が楽しみなミュージシャンです。
チックコリア、オールマンブラザーズなどなど強力なセッションをこなしていますが、
今年あたりジェフベックとのツアーセットで来日するのでは??。
必見ですね。
まあ観て下さいよ、こちら

こんな娘がほしい。
[PR]

by kkmelmo | 2008-03-11 00:58 | amusement


<< クロールと私      ビアンキ改造 >>