2005年 06月 22日 ( 1 )

2005年 06月 22日
アジサイとキャベツ
「ツツジとアジサイは枯れると悲惨なんだよね」ってある友達が言っていた。
確かに桜のように花が散るわけでもなく、基本的に数多く主張がある咲き方をするから、
いっせいに散るとなんか悲惨な寂しい姿になってしまう。

風邪をひいていて朝イチメルモサンポを妻に託している間に静嘉堂のアジサイは
ピークを過ぎてしまったようだ。残念・・・。
今朝早くメルモと久し振りに静嘉堂に出かけた。
実は先日ちょとマジメに撮影しようとカメラスタンドなんか購入したのだけれど、
もうあまり咲いていないだろうと、それも持って行かなかった。
カメラも一眼レフじゃなくて小さいのをポケットに入れていった。
c0010769_0432737.jpg

坂を上がって美術館から御堂にかけてまだまだ幾つか綺麗に咲いていました。
ここはあまり人が来ないところだけに神秘的な雰囲気さえしてくる。
c0010769_0435868.jpg

メルモとアジサイのツーショットなんか撮ろうかと思ってが、諦めた。
c0010769_0444929.jpg

メルモは噛むのに適当なお気に入りの枝と松ぼっくりを探すのに夢中である。

先日Mスーパーの前で信号待ちをしていると、横で停車しているゴミ収集車におじさんが
なにやら相当な数の段ボールを放りこんでいた。
ポケ〜〜っと眺めていたのだけど、なんとそれは裂けた箱から溢れる一杯のキャベツであった。
青々とした多くのキャベツが、収集車の圧縮機のなかで泣き叫んでいるように思える様であった。
いまの日本はキャベツが過剰供給で廃棄処分すら赤字を招くらしい。

静嘉堂の綺麗なアジサイは自然に枯れる。
勝手な人間に最後が醜いと言われようが。
それにひきかえキャベツは可哀想だ・・・。
[PR]

by kkmelmo | 2005-06-22 00:48 | daily scene