2007年 07月 02日 ( 1 )

2007年 07月 02日
トンカツにビール
僕もこの年齢になるといろいろ自身のことを考えなければいけないようだ。
もちろんまだ数年あるけど、50歳は人生のターニングポイントらしい。
サラリーマンじゃないからそんなに強いられる環境に生きてないけど、まずは健康管理かな。
今話題の年金や健康保険も自己管理で払ってるわけだし。

そういやあまりもう肉類を食べなくなった。と言うより食べられなくなった。
魚や野菜がメインになってきたし、好きになってきた。
中国の加工肉が信頼性ゼロと思いきや、やっぱりいましたね日本にも。
それはさておき、焼き肉にいたっては久しく食べていないなあ。

先日仕事のついでに父に会った。
お陰様で彼は完全に仕事に復帰している。
彼は今ベイサイドの弁天町のケアマンションに住んでいる。
実家には我々家族とスケジュールがあえば週末帰る程度である。
なにしろそのケアマンションではケアマネージャーが24時間見守っている。
薬と食事管理は徹底的になされるし、定期的に医療診断がある。
幸い彼は現役で仕事をしており、その通勤負担は以前に比べたら格段に少ない。
ただそこから彼のように毎日出勤している人はあまりいないようだ。
多くの人はリタイアなさっていて日々趣味などを楽しまれて過ごしていらっしゃる。
「みんな立派にオジーチャン、オバーチャンやなあ」
「さすがにここでは友達おらんなあ〜」
なんて笑いながら僕に話す。
つまり彼にとってそこは完璧な健康管理を前提としたセカンドハウスである。
ただ仕事を前提とした利便性などを考えたとき、かなりそこが気に入っているようである。

僕が昼前に訪問していたとき、彼は新しい税制を勉強していた。
入院している間にガラッと税制が変わったらしい。
数ヶ月のリハビリを思い返せば信じられない姿で机に向かっていた。
僕の訪問まで昼食を待っていたようであった。
そこには昼の食事が用意されるし訪問客である僕もオーダーすれば食事ができる。
c0010769_4122060.jpg

僕はひそかにそこのきつねうどんのファンである。あっ、けつねうろんね
(これは以前訪問したときに撮影しました。)
ただその日は僕が合流したことで外で食事しようと父は提案した。

近所のモールの中のトンカツ屋さんでヒレカツを食べた。
僕も久しぶりにトンカツにビールである。

「最近はこういう肉類、揚げ物は食べなくなったし、酒も週に2,3日は抜いてるよ」
と、枝豆をひたすらチェーンに食べながら僕は話した。
「そうか、ワシはそんな自己管理をまったく気にせず40代を過ごしてなあ〜〜」
「だからいろんな試練がこの歳になって出てきたんやなあ」
なんて反省の言葉をちょっとしんみり語り、久々のビールを父は飲んだ。
c0010769_4125636.jpg

「しかし、美味いなあ〜〜〜」
確かに・・・。
[PR]

by kkmelmo | 2007-07-02 04:20 | daily scene