2008年 08月 25日 ( 1 )

2008年 08月 25日
家について
だいぶ時差ぼけも解消してきた。
やっぱ、泳ぐのはかなり時差ぼけ解消に効果あるみたい。

綺麗にセンス良く道具として使いこなされてる家について今回は書きます。
そう、単純にセンス良く使かいこまれてる家が好きなのです。
海外に仕事に行くとよくオフィスやスタジオで見受けられる部屋かな。
まあ散らかってたり、年月たっているんだけどセンスの良さがイイ感じなんですよ。
これはなかなか日本では見受けられない空間である。
日本人は家を道具として使うのがヘタである。
そのかわり生活感のない異常な潔癖な作品的部屋や家を作りたがる。

むかし仕事で籠もっていたLAのスタジオのトイレの前の棚を今も覚えている。
どこにでもある棚に雑多に雑貨や缶詰や洗剤が押し込まれてるだけなんだけど。
なにげにセンスが巧いんだなあ。
まあ商品表示が漢字やひらがなじゃなくて英語デザインてこともあるんだけど。

そんな観点からもベニスのマイちゃんちは僕にとってカッコイイ空間なのだ。
めちゃくちゃ家庭なんだけど(2人の子供と3匹の犬たちだもん)格好良くて、寛げるんだな。
だいすきなのだ。
c0010769_1571353.jpg

裏庭のドアなんだけど、ほらこの手作り感と色合いが最高にカワイイ。
ゾイが顔出してるね。
c0010769_1575841.jpg

この洗濯物がイイ感じに和む空間を作ってくれる。
c0010769_1582766.jpg

いつも裏のスペースでバーベキューして楽しむんだけど、そこに登場したゾイ。
推定15歳くらい。
もはや立ち居振る舞いや視線が「神」なのだ。
ここんちの犬たちはみんなレスキュー犬なのだ。
とにかく犬と人間の暮らしがまさに自然に調和してる。
つまりあんまりお互い気にしてない。
子供達や犬たちが自然に家という最高の道具の中で無理せず暮らしている。
それがイイ。
c0010769_1585746.jpg

その夜、バーベキューでかなり和む人間達を優しく眺めるパズの背中。

正直に自然に犬と暮らす。
やっぱり僕はそういう家が好きだなあ。
[PR]

by kkmelmo | 2008-08-25 02:16 | daily scene