カテゴリ:dog( 62 )

2006年 05月 16日
メルモの眼球について
B先「あれ!!瞳孔が開いたままだねえ」
K「ええ!!先生〜、ななな何言ってるですかああ??」
B先「う〜〜〜ん、なんで今まで気がつかなかったのかなあ??」
K「あのお、所謂白内障もしくは緑内障ですか??それとも??」
B先「いやいやそういうのじゃなくて光量調整が出来ていないはずだなあ」
K「てことは先天性のモノですか??やがて失明とか??」
B先「それはないと思うけど・・・・」
K「・・・・・・」
B先「眼球自体の異常であればまだいいけど、神経が悪いと大学病院かな」
K「・・・・・・」
B先「成城に僕の大学の同期が眼科専門でやっている施設があるから紹介状を作りましょう」

僕としたらかなり緊迫した会話だった記憶がある。
壮年期をむかえたメルモに対して楽観的な日常の時期は去ったと最近自覚しだしていた故にかもしれない。
それから一週間たった今日その眼科検査を受けに行った。
メルモはなにかしら察知している。
朝から緊張していたし、初めての病院に戸惑っていた。
この一週間天気はすぐれていなかったし、かえってその曇り空がメルモの目に優しいと思う日々だった。
でも「天気いいし、メルモ出かけるか!!」っていう日々はもう来ないのか、なんて思ってしまった。

そこは医院の紹介でのみ診察していただける眼科専門施設であった。
特にアメリカでの動物専門眼科治療プロセスを取り入れた最新施設であった。
瞳孔を拡張させる散瞳薬を投与されたメルモは全部で20枚以上は眼球の写真を撮られた。
それが即座にコンピューターのモニターに写し出される。
凄く恐かったみたいだけどメルモは僕の足の間に固くオスワリして頑張った。
「これは色素です。つまりホクロと同じです」
気になっていた左目の外側の白目にある血豆みたいなものに対して教えて貰った。
「11時に若干の収縮が見受けられるね」
モニターを見つめる先生やインターンの若い先生達の会話が気になる。
かなり僕はドキドキしていたけど、「メルモ、がんばれ」って必死でメルモの瞳を開いていた。
1時間ほど検査が繰り返され、いよいよ先生からの診断が下された。
結論から言いますと、フラットに見られる犬種特徴で大きな問題ではありませんでした。
詳細は妻のブログ眼科へ行ってきました。にて解説されています。
「普通の診察では見落とされる事ですけど、こうやって検診する意識が大事ですよ」
先生のその言葉に、改めてB先生に感謝した。
c0010769_021478.jpg

とにかくこの一週間僕の体の中にあった大きな鉛がすうっと消えていった。
暗闇でメルモが独りぼっちになってもしっかり抱きしめようって決心していた。

モニターに写し出された、瞳孔から見えるメルモの網膜は綺麗だった。
それはまるで暗闇に浮かぶ暖色の惑星のようであった。
そこに神秘的な視神経が元気に走っているのが見えた。
「視神経は綺麗だし、色もいいですね」

僕とメルモの歴史に残る素敵な言葉だった。
[PR]

by kkmelmo | 2006-05-16 00:25 | dog
2006年 04月 09日
イイ日曜日
今日は休めた。
つかの間の大切な休日で、おまけにイイ天気でしたね。
早く目が覚めたので朝から溜まっていたメルモのムービーを整理した。
すると調子にのってメルモのベリーベリー・ショートムービーが出来ちゃった。
c0010769_18125544.jpg

Macの良いところはこれくらいで良ければ1時間ぐらいで出来ちゃう。
for ブロードバンド(2MB・キレイだけど重い)
for ナロウバンド(600KB・粗いけど軽い)
あのお、あくまでも遊びですから真剣に観ないで下さいね。
[PR]

by KKMELMO | 2006-04-09 18:15 | dog
2006年 04月 06日
反省
久しぶりです。
忙しい日々が続くので書けないのではなく、ネタが無いのです・・・。
まったく多忙の中、単純な日々の繰り返し。
気がつくと雨の中桜が散っていた。

先日メルモのオシッコの様子が変だったので妻が病院に連れて行った。
股間にちょっと頻繁にベトッとオシッコが付いている。
もう6歳だしちょっとゆるいのかななんて思いつつも、念のために病院である。
排泄がだらしなくなると云うことは、加齢もあるが膀胱炎や腎臓系の疾患も考えられる。

結論から申し上げますが、幸いメルモはまったく異常がなかった。
尿検査と、以前先生に勧められていた血液の精密検査を受けることにした。
数値的にはおおむね異常なしであるが、若干の慢性的な脱水症状が見られるみたい。
つまり、新陳代謝という基本的な機能が落ちていると云うことか。
それに繋がるのであるが、先生に最初の触診でショックな指摘があった模様。
「あれ!!メルモ血管が細くなってるねえ、筋肉も落ちているよ」
う〜〜〜ん、ひたすら反省である。

メルモはフラットにしては小柄だけど、どちらかと言えばかなり筋肉質である。
スレンダーな体型が多いこの犬種にしては、かなりゴツイ。
それは子供の時から、ガンガン岡本の坂や砧公園を歩き、多くの水場で泳ぎまくった結果であろう。
地面を心地よいリズムで蹴って歩くメルモの後ろ姿は、ちょっと自慢であった。
手塩にかけたサラブレットの歩行をウットリとパドックで眺めるオーナーな感じかな。

「コップにすり切れ水が入っている。それが倒れて空になる。そしてまたフルにする、
これが犬の散歩で費やすエネルギーの理想的な消費サイクルの例えです」
「散歩から帰ってくると、食事をしてひたすら寝て体力の回復をはかっているのが理想です」
これは僕のドッグトレーニングにおける師であるF先生の言葉である。
c0010769_131715.jpg

忙しさと怠慢で僕らはサボっていたね、メルモごめんね。
[PR]

by kkmelmo | 2006-04-06 01:05 | dog
2006年 03月 06日
ウスイちゃん
人生において、親友なんてそうできるモノではないと思う。
そしてその代え難い関係は、長く継続することも難しいのではないでしょうか。

約20年ほど前、某入社試験の面接控え室でウスイちゃんと出会った。
学部は違うけどたまたま同じ大学だったし、自然に話し始めたのは覚えている。
彼からこれから受ける面接に際しての基本情報を得て、僕はその面接に臨むことができた。
なにしろ呆れたことに、その会社のことはまったく知らないで受けていたもので・・・。
つまりウスイちゃんのおかげで、いまだに僕はこの世界で仕事が出来ているのだろう。

15年ほど前の大雪の夜、僕ら2人はとある寿司屋で泥酔していた。
さすがに帰宅することにしてその店の前で僕はウスイちゃんと別れた。
でもなにか胸騒ぎがして戻ってみると、環七の歩道の端に死体のように横たわったウスイちゃんを発見した。
横たわる彼の体の上にはうっすら雪が積もり、まるで雪山遭難者発見!!って感じであった。
「ウスイ〜〜〜!!眠るなあ〜〜〜死ぬぞお〜〜」って叫んだ覚えがある。
大雪の中彼を担いでアパートに帰って靴下を脱がせた。
彼は「ありがとう・・・」っていって寝てしまった。

つまり僕はウスイちゃんの命の恩人なのである。

お陰様でふたりとも独立して、それぞれそれなりに幸せに暮らしている。
まあ昔ほど頻繁に会って痛飲することもなくなったけど、いまだに信頼できる友である。
そんな彼がチロというキュートなトイプードルと暮らしはじめた。
いろいろ大変だったけど妻共々幸せに3匹で暮らしているようだ。
c0010769_005128.jpg

今日ジョーカーのパピークラスを受講する熱心な愛犬家達の中にそんなウスイ家3匹を発見した。
ウスイちゃんは想像以上に見事な親バカになっていた!!
ねえウスイちゃん、6年前僕がメルモと暮らしはじめた頃、
ぷっつりとフットサルの練習に行かなくなった気持ちが今になってわかるでしょ??
ボール蹴ってる場合じゃなかったのよ・・・。
c0010769_012893.jpg

帰り道に食べた「チーズサラダクレープ」、美味しかった。
c0010769_015146.jpg

さあああ、今日は君を洗うぜ!!メルモさん。
[PR]

by kkmelmo | 2006-03-06 00:09 | dog
2006年 02月 14日
スタバ好き
砧公園のそばにスタバができた。
つまり環八と東名入り口との交差点近くである。
いままではマックの独壇場でドライブスルーが大活躍といたところだった。

僕は結構スタバ好きだということに気づいた。(ホントはマグとか集めたいのだが)
ちなみに我々夫婦はかなりコーヒー好きである。
家で煎れるコーヒーもスタバのハウスブレンドが基本である。
ガンガン飲んでスタバで新しい豆が出るとこまめにトライする。
ちなみにドリップしたあとの煎れたあとの豆かすは、使用済みメルモトイレシートのストックの臭い消しに有効です。
c0010769_1591324.jpg

ということでスタバ経由砧公園サンポが多くなってる。
朝なんか結構気持ちいいですよ。
c0010769_1594028.jpg

子供の時からブラシするベンチ。
最近きれいになったね。
[PR]

by kkmelmo | 2006-02-14 02:00 | dog
2006年 01月 16日
思いながら。
戌年だし最近イヌ関係のテレビ番組や雑誌を目にする。
朝歩いていてもサンポなさってる方が多い。
出勤しているときも車からふと犬連れの人に目がいく。
毎朝僕はメルモと歩くし、それは僕の大事な時間である。

一杯深呼吸して、ちょっと仕事のことを考えたりしながら歩く。
メルモの歩く後ろ姿やウンチやオシッコの量なんかチェックしながら。
ブラシをいっぱいして、やっぱ豚毛のブラシがイチバン良いなあなんて思いながら。
子供の時は風邪で舞う落ち葉を全部追いかけて、まったくまっすぐ歩けなかった事を思い出しながら。
ここんちのコッカーくんは子供の時よく遊んで貰ったことを思い出しながら。
この交差点の真ん中で初めて外ウンチができて道の真ん中で誉めたことを思い出しながら。
トレーニング初日の緊張を思い出しながら。
「行進中の立止」ができたけどなんか空しさも感じた時を思い出しながら。
ウチに来たときはそれはそれは細くてフケまみれだったことを思い出しながら。

帰ってちょっとメルモを洗うかなんて思いながら。
c0010769_0144053.jpg

メルモは僕を見上げる。
「どっちに行きますか?」
[PR]

by kkmelmo | 2006-01-16 00:19 | dog
2006年 01月 06日
寒いけど
日本は歴史的な大雪ですね。
いまのところ東京は奇跡的に晴れています。
僕は今日も布団を干し、太陽に感謝しました。
でも北風は容赦なく岡本の坂をテクテク登るメルモと僕の頬をピンタしてきます。
メルモは昨日から下痢気味でゴハンも少なめ、おやつ無しであります。
厳しいねえ。
c0010769_1233449.jpg

でも暖かいリビングでこの様です。
これは犬の顔の中では、かなり幸せな絵ですね。
[PR]

by kkmelmo | 2006-01-06 01:25 | dog
2006年 01月 04日
昨年はよく働きました。
ということでこの三日間飲んでは眠るといった白昼夢のごとき時間が過ぎていった。
(何もしない!!これが僕の正月のテーマ)
やっとさきほどから意識が正常にもどった。
メルモと激寒のなか久しぶりに砧公園に行った。
そしたらさすがに目が覚めてきた・・・。

白い息を吐いて格好良く走るメルモがとても好きだ。
今年も元気に暮らそう。
c0010769_1492586.jpg

メルモ、僕、そして妻を今年も宜しくお願いします。
[PR]

by kkmelmo | 2006-01-04 01:51 | dog
2005年 12月 22日
いい本でした。
先日、日帰りで伊勢に行った。
何で伊勢なんだ・・・・、それはまた後日書きます。
名古屋は大雪のあとで所々雪が残り、かつ新幹線のホームでも寒風吹きあれていた。
でも伊勢は抜けるような青空が広がり、神々しいキリッとした空気に満ちていた。
しかし伊勢はかなり遠い。
名古屋から近鉄特急で約2時間かかる。
ひたすら続く単調な景色に飽きたときに、なにげにバッグに入れてきた文庫本を取り出した。
数ヶ月前妻が「良い本だよ」って僕の机の上に置いたままになっていた本である。
往復の車中で読み切ってしまったが、それは予想以上に素敵なお話しでした。
c0010769_23481465.jpg

武岡史樹著「犬連れ北海道3000キロの旅」という実にシンプルな旅行記である。
著者の武岡氏は脱サラ後、愛犬のフラットコーティッドのソアラと念願の旅に出かけるのである。
それはソアラとひたすら北海道でヒッチハイクを続け、やがて東京に戻ってくるというものである。
僕はいつからか盲導犬関係と愛犬の死に関する本は避けてきた。
なにかひたすら可哀想で悲痛な話がメインなのが辛いのである。
もちろん盲導犬やセラピー犬との素晴らしい書籍は多く見出すことはできる。
それはいずれ来るメルモとの別れの時にきっと一杯涙を流すから・・・というエゴからなのだが。

でもこの本はホント素敵で、読後は素直な爽やかさに包まれた。
著者とソアラの2人の(話の中では必ず2人という表現を使っている)旅を実に多くの人たちが助ける。
ソアラがきっかけで車を止める人たち、そして雨の中で野宿する2人を助ける地元の人たち。
そしてそれらの優しい愛の橋渡しには、ソアラという素晴らしい犬の存在が不可欠である。
多くの犬と生活している人、生活していた人が2人の旅を手助けしていく。
犬という共有できる愛情の証を確認しながら人々はソアラと著者を導いていく、自然に。
北海道という大らかな土地柄もあるのであろうが、実に微笑ましい愛情溢れる犬バカ達が登場する。
いつしか読み続けていくうちにソアラと著者が、メルモと僕になっていた。

「犬という素朴で誠実な生き物の存在が、僕の心をピュアにし、出会った人の心を和ませ、
お互いの持つ善意や親切心を自然に引き出してくれたのだと思う」
という素敵な後書きの一節に自然に説得力を感じる。
最後に2人を車に乗せてくれる札幌の寡黙なお医者さんのあたりで、僕はちょっと泣いてしまった。
c0010769_23483736.jpg

実は僕のささやかな夢は、メルモとの北海道を旅することである。(ヒッチハイクは無理だけど)
とてもじゃないけど僕の今の生活では不可能だけど、残されたメルモとの時間で見出したい夢である。
でも当面は先日見つけた修善寺の犬OKの温泉旅館でメルモと一緒に湯に浸かるのが目標かな。
[PR]

by kkmelmo | 2005-12-22 23:58 | dog
2005年 12月 17日
おやおや・・・!?
c0010769_18343078.jpg

さっきから姿を見せないと思いきや、バリケンからだらしなく伸びた肉球。
c0010769_18344767.jpg

爆睡してます。
今日はよく歩いたね。
[PR]

by kkmelmo | 2005-12-17 18:35 | dog