カテゴリ:daily scene( 90 )

2006年 06月 21日
マイちゃんよりバトンです。

自己紹介バトン

もうほぼ親戚、いやいや家族といっていいマイ家の隊長マイちゃんからバトンがきました。
「やっべ〜、まじですか??」って感じですが、頑張って謙虚に出来る限り正直にお答えします。

1 次にバトンを渡す5人。。。
私もキメ打ちでおひとりに渡します。
その人はエフリンマンさん。
あああああ、よろしくです、スミマセン。

2 名前。。。保です。つまりタモツですね。
兄貴は伸です。シンですね。
兄が伸ばして次男が保つとなるわけですが、現実は如何なものでしょうかね?
やっぱり僕も子供の頃は自分の名前が嫌でした。
特に小6の時の担任の後藤先生は僕のことを「イロホ」って呼んでいました。
保という漢字の構成はなるほど「イロホ」ですね。今だと問題になるぜ、後藤先生!!
でも最近は気に入っています。
時々自分の名前が掲載されているのを見てデザイン的に面白いと思っています。
名字と合わせると「やたら口が多い名前ですね」って言われたことがあります。
なるほど・・・。

3 年齢。。。1960年生まれです。
えっ、あと14年で還暦かよ。
今から14年前のことは割と覚えているもので、その14年を単純にたすと60ですからね。
そんな先なことでは無いわけですね。
まあ、流れるままに、「人生は水洗トイレの如し」。

4  職業。。。音楽関係です。
内容の詳細の説明は、長くなるので割愛させていただきます。
今日もあるシンガーの唄をレコーディングしてきました。
彼の唄は20年ほど録っていますが、20年前とまったく変わらない同じ緊張を覚えていました。
そんな仕事を面白く思うとともにささやかに誇りに思っています。
音楽という抽象的な商品をプロダクトするということは奥深く、私は当然まだ全然ダメです・・・。

5 趣味。。。食べること、飲むこと、宴会、料理、スポーツ、音楽、家族、犬サンポ、読書、自転車
(かなりマイちゃんと同じじゃん)
とくに料理は大好きです。「料理は瞬発力」が私のモットーです。
音楽の仕事は感性的に年齢価値観に限界があります。
潔い引退後、どこかで(日本以外かも)ささやかな犬カフェをやることが夢かな??
あとかなり好きなのが、風呂掃除と食器洗い。
主夫願望強いです。

6 好きなタイプ。。。いい顔をしている人、犬(もちろん容姿じゃないですよ)
40年以上生きていると(皆さんもきっとそうお思いでしょうが)
人間はその自らの人生が顔に出るということを痛感できますよね。
いまだに幸い多くの人と、仕事やプライベートでお会いする機会がありますが、
穏やかで美しくマイペースな時間をキープされてる方はやっぱりそういう顔や雰囲気をお持ちです。
そういう方に接すると嬉しくなるし刺激も受けます。
昨今の拝金主義な価値観が滲み出た顔の日本人は好きではありません。
犬もそうです。幸せな犬は本当に幸せな顔をしていますね。

7 特技。。。どこでも睡眠と排便ができます。
特に後者は強みで、かなり劣悪な海外での環境でも大丈夫ですね。

8 資格。。。運転免許しかない自分に愕然としてます!!

9 悩み。。。伸び悩む英語力。
もう2年ほどPaulとこに通ってますが、もっと英語漬けにならねばと思いつつなかなかねえ〜〜。
でも最近英語を英語で理解する感じが解ってきました。これは嬉しいですね。
ぜんぜん妻の方が英語できますねえ、尊敬しています。

10 好きな食べ物。。。なんでも好き。焼酎、ワイン、つまみ系、お好み焼きは特に好き!
料理が好きっていうこともあり、「安くて美味しいお店」を探す才能は結構ありますね、
というか勘ですけどね。
だって高くて美味しいは当たり前じゃないですか。
まあ、お酒は大好きですから美味しい肴を出してくれる雰囲気の良い居酒屋が、
私にとっての「好きな食べ物」ですね。
最近は「野菜炒め」がマイブームです。
   
11 愛する人へ一言。。。やっぱ妻かな。
まじで結婚して1回も我々はケンカをしたことがありません。
これは100%妻がエライのです。
彼女はいつも笑っていますし、超ポジティブな女性です。
めげて失速している私のケツを明るく叩いてくれます。まじで尊敬しています。
あとはやっぱり家族、友達(マイ家はもちろんね)そしてメルモには感謝の気持ちで一杯です。
メルモ、これからも元気で暮らそうな!!


12  バトンを回す人へのメッセージ。。。ご近所ですがいまだお会いしてませんね。
でもそんな気がしないのはなぜでしょう?
マイちゃんと私のお願いをきいていただけると信じてバトンを渡します。
c0010769_0404431.jpg

イイ感じのふたりですなあ〜〜。
[PR]

by kkmelmo | 2006-06-21 00:51 | daily scene
2006年 06月 12日
山籠もり
喧騒の東京を離れ一週間ほど富士山のふもとの河口湖で合宿仕事をしていた。
昨夜帰ってきたが、さすがに今日はひたすら寝ていた。
この一週間ほぼ徹夜だったし、よく飲みました。
c0010769_058388.jpg

滞在中に梅雨入りをしたわけで、新緑がちょっとひんやりした空気の中で映えていた。
周りが一気に樹海だという環境に住んでいた。
c0010769_0582764.jpg

健気な生命に溢れている。
c0010769_0584495.jpg

しかし僕の車は汚れすぎ・・・。
洗車したいけど、すぐ雨が降るでしょう。
c0010769_059287.jpg

都内ではなかなか味わえない風景ですね。
c0010769_059192.jpg

古い楽器ってきれいです。
[PR]

by kkmelmo | 2006-06-12 01:02 | daily scene
2006年 05月 21日
日曜日の留守番
今日はイイ天気の日曜日ですね。
メルモとはサングラスをつける練習をしながら朝サンポ。
お陰様で元気ですね。
妻は朝から本村先生の生食講座に出かけたので僕とメルモで留守番である。

まずは掃除だ。
窓全開でいい風が部屋を流れていく。

c0010769_1351829.jpg

珍しく部屋を撮影、ちょっと掃除後気持ちよかったので。(TVは何故か囲碁講座)

c0010769_1351325.jpg

「なにやってんの〜〜〜〜」ってメルモ登場。

c0010769_13515563.jpg

君もたまにはちゃんと撮影しよう。
逆光だあ。

c0010769_13521933.jpg

お腹が空いたので大好きな久留米とんこつラーメンである。
これがまた旨い!!

さあて溜まってるコロンボでも見ようっと。
失礼しました。
[PR]

by kkmelmo | 2006-05-21 13:54 | daily scene
2006年 05月 06日
ちょっと息抜きでした。
今日まで3日間イトウ君のお許しがでて休んだ。
だいたい休むと体調を崩して寝込んだりするので今回は寝てようって決めた。
でも、イイ天気なんですよねえ。
連日・・・。

そもそも出不精な我が家。(メルモもね)
せめて多摩川にでも久々にメルモを連れて行ってやろうかなんて思っていたのだが、
前日までの雨で、きっと汚れてるだろうとあきらめた。
ということで、もうTシャツでガンガンメルモと歩き回りました。

用賀も二子玉もやはり空いていたようだけど昨日は久々に自由が丘へ。
c0010769_250363.jpg

なんにも大した用事や目的は無かったのだが、ただただこのSIXに行きたくなったのだ。
ここは都内雑貨屋ではかなりお奨めの雑貨屋さんである。
なんたってヨーロッパモノの充実が素晴らしい。
それもドイツや北欧の雑貨が多く楽しめる。
僕もmarimekkoのトートバッグを購入した。
c0010769_2505298.jpg

夜は二子玉の定番インド料理屋さんMOTIです。
店の前のテーブルでメルモと3匹でイイ感じのディナーの体勢で着席。
昼間から頭の中にイメージしていたタンドリーチキンを頬張る。
ああああ〜〜ビールが旨い!!!!!
しかし、なんとその時多摩川方面から、マジな花火が炸裂!!
残念ながら全てテイクアウトしてパニックのメルモを汗まみれで連れて撤収した。
約10分の滞店時間であった。
あの〜〜花火を上げるときはすみませんけど事前に何らかなインフォメーションを頂けると嬉しいんですが。
ジョッキ半分の生ビールを残して撤収したことが悔しいのです。

さてさて今日はうって変わってご機嫌のメルモさんと静嘉堂で一杯遊んで留守番させて、二子玉に昼飯だあ。
頭の中は「たぬき」の肉野菜炒め定食+豚汁!!
しかし何と、悲しいかな「たぬき」はお休み。
c0010769_2511791.jpg

そこでずっと気になっていて体験していなかった「鮎ラーメン」を食した。
噂には聞いていたがこれは素晴らしいの一言である。
サッパリとしたスープと香ばしい鮎とのコラボレーションが絶品であった。
この辺りでは「小六」というラーメン屋さんに決めていたが、
単に今までなかなかタイミングが合わず「鮎ラーメン」は未体験であった。
そもそも昼間はやっていないし、僕は夜にラーメンを食べない。
それにいつもチャンスがあっても結構並んでいて、諦めてしまう。
c0010769_2513571.jpg

でも今日は妻も健気に順番を待ってますな。
10年ぶりくらいに替え玉してしまいました。
美味しいモノが食べられるって幸せなことですねえ。
[PR]

by kkmelmo | 2006-05-06 02:59 | daily scene
2006年 04月 27日
忙しい日々でのいろいろ
あっというまにゴールデンウィークだって!!
いつも書き出しが同じで「忙しい!!忙しい!!」という言葉がまず浮かんでくる。
ずっと連日籠もった仕事で、週末は出張って感じである。
休んでないなあ〜〜。

先週末は久しぶりに京都に行った。
以前書いたけどここは僕にとって大事な思い出の街である。
学生時代お世話になった寺町通りの定食屋でゴハン食べて、仕事して夜は痛飲でした。
何にも変わっていない喫茶店や珠数屋さんの店番のオバーチャン(25年前と同じ姿勢で)などなど、懐かしかった。
個人的に好きな京都街並みは寺町御池あたりと木屋町二条あたりです。
地味なんだけどほんと京都らしい質素な雰囲気ががある。(でもいっぱいカフェができていてびっくり)
c0010769_0382787.jpg

これは典型的祇園のはずれの裏道。
しかしあまりの静かさに、知らずにそおっと歩いてしまう。
c0010769_038528.jpg

白川を渡る人力車。
クルマを引くオニーちゃん達は結構イケメン揃いです。
c0010769_0391833.jpg

そして夜は先斗町で絶好調ですな。
これはカツラ・バーである。(カツラをかぶって飲むのだ・・・)
ただし良く覚えていない・・・。
今見ると、ただのダメなビジュアル系バンドに見えますな。(みんないいオッサンです)
なさけない・・・。
c0010769_0395214.jpg

ちょっとオマケです。
ホテルでボ〜〜〜っとTVを見ていて、教育TVで発見。
ビューティーエキスパートという肩書きの大髙博幸氏である。
洗顔のご指導を番組でなさっていたのだが、なかなかのインパクトなのだ。
とにかく指とツメがとっても綺麗なビューティフルゲイさんである。
でも極めた格好良さがあってファンになってしまった。
やるなあNHK。
[PR]

by kkmelmo | 2006-04-27 00:45 | daily scene
2006年 03月 18日
マイ家
以前書いたことがあるけどLAは僕にとって特別な所だ。
若い駆け出し時代、かなり鍛えられた思い出のある街である。
とにかく年中LAにいた。
ロサンゼルスオリンピック直後ぐらいだったし、日本食屋さんもそんなになかった。
(いまや東京より美味しいラーメン屋、焼鳥屋、蕎麦屋が結構ありますね)
ただただ地図を片手に必死でロスの街を車で走り回った。
何人前ものディナーをピックアップに行ったり、底をついた制作費をダウンタウンの銀行に補充に通ったり。
それこそ交通事故にも遭ったことあるし、病院にもお世話になったこともある。(何故???)
仕事のチームでもかなり身分が低かったし、とにかく自分で動かなければ始まらなかった。
必死で拙い英語を話して、必死で地図を見ながら街を動き回った。
ある日電気炊飯器を買いにハリウッドからダウンタウンのヤオハン(当時はありました)に行った。
フリーウェイは行きも帰りも大渋滞で炊飯器1個手に入れるのに、結局半日以上かかってしまった。
その時「ああこの街は、こういうペースなんだ」って思ったことを覚えている。

つまりLAという街は辛いだけで全然好きじゃなかった。

でもある仕事で素敵な親友ができた。
友が出来ると不思議なモノで、今やLAは僕にとってかけがえのない「帰るところ」になってしまった。
マイ家は家族ぐるみで仲良しだ。
とても腹を割った付き合いをさせてもらっている。
マイちゃんはとてもタフだし、ダンナのディーンはマイペースだ。
子供達は本当に素敵に育っている。
そんな彼らを僕は尊敬しているし、ここからまた多くの友達ができた。
ああ、そろそろ帰らなきゃ・・・。
c0010769_1719756.jpg

1996年僕とマイちゃんと初めて一緒に仕事をしたときの大事なそして大好きな写真。
on PicoにあるSanFrancisco Saloonというスポーツバーの前で記念写真。
マイちゃんとディーンが写ってるけど彼らはまだ結婚前だね。おっ、わが妻もいる!!
いまだにここに行って飲むことがある。
c0010769_17193610.jpg

僕のデスクの横にあるKaiとカノアのスナップ。
この写真も大好き。
しかし2人とも大きくなったね。
(余談ですが、うしろは赤塚不二夫氏の生色紙、家宝ですね)

そしてきのうマイ家から愛の宅急便が届いた。
妻は大喜びである。
彼女から詳細報告があることでしょう。
c0010769_1720441.jpg

そのなかにあったカノアから僕へのラブレター。

きっと真ん中にあるのは僕が彼女に以前プレゼントした「ピーチャン」だな。
しかしこういうのを見ると、手遅れでもまっすぐな正しい大人にならなきゃって思ってしまう。
マイ家!!ありがとうね。
[PR]

by kkmelmo | 2006-03-18 17:26 | daily scene
2006年 03月 13日
下痢ってつらい
先週から体調が最悪であった。
凄い下痢と時々来る吐き気。
いやあちょと飲み過ぎたか・・・。
なんて思っていたら先週からもう5日もつづいている。
これにはさすがにおかしいと思い、僕のかかりつけのHクリニックへ行った。

僕の家から玉川病院という総合病院まで徒歩5分。
緑の中に佇む落ち着いた雰囲気のこの病院のことが好きだし信頼もしている。
ただやっぱり総合病院故の不都合は、混雑から来る待ち時間の長さである。
それとやっぱり先生との深いコミュニケーションはまず望めない。
2時間待って3分の診察。
ひどい先生は患者の顔も見ない人もいる。
それと、たとえば血液検査をしてもらったとする。
当然のようにその結果が出るのに一週間ほどかかる。
内視鏡検査に至ってはその検査を予約するのにまず10日ほどかかるときがある。
僕のようなぜっかちな性格では、その間悶々と過ごすことを考えるだけで萎えてしまう。
完璧なコンピューター化されたカルテや予約体勢になった極めて近代的な設備を誇る病院である。
でも医師との濃密なコミュニケエーションは欠落しているように思える。

2年前、自業自得の人間ドックの結果を持参してネットで探し当てたHクリニックへ僕は行った。
町のクリニックだけど、予約が出来て待たされることはあまりない。
先生は親身になって僕の話を聞いてくれ、適切な診断とアドバイスをしてくれる。
ここの気に入ったところは内視鏡や血液検査などはその場で(15分ほど)結果がでる。
僕はγ-GTPの数値のカウンセリングで通うようになった。(ここのM先生は肝臓、消化器専門医)
かかりつけの信頼できる医師として何かと相談にのってもらっている。
そしてここのM先生は立派な犬バカである。

話は大きくそれましたが、血液検査により冒頭の症状は「ウイルス性の腸炎」でした。
つまりお腹に来る風邪のようである。(血中の白血球数値によると腸内の炎症ではなかった)
初めての経験だったけど結構辛かったなあ。
飲食はかなり制限されたし、体内が正露丸でみたされた感じがした。
かなり回復してきました。
c0010769_23435662.jpg

もう少し禁酒しなはれ。
[PR]

by kkmelmo | 2006-03-13 23:49 | daily scene
2006年 02月 28日
Macについて
僕はMacを使っている。
もう10年以上になるけど、それはそれは虐げられた我慢の付き合いだった。
今でこそi-podやi-Tuneでそれなりのポピュラリティーを得てるかもしれないけど。
でもやっぱりMacゆえのこだわりや可愛さは一概に語れないのだ。
intelが入ってきてもMacはきっとそのアイデンティティーをキープしてくれることでしょう。

幸か不幸か僕の周りは99%Macを使っている。
もちろんおもに仕事でね。

Macの面白いところは、使い込んでそれぞれのマシンが非常に個性的になることである。
まるではきこんだジーンズのように。
ある人はステッチいれたり、破ったり、貼ったり、刻んだりという具合に。
僕が日頃持ち歩いてるpowerbookはそろそろヘタリぎみだけど僕なりに愛してやまない。
c0010769_1404438.jpg

このようにLAのマイちゃんとi-sightだ。(デスクトップはクールなメルモです)
僕は風呂上がりでワイン飲んで、頭はタオルハチマキだけど。
仕事の話をしているんだな、これが・・・。
[PR]

by kkmelmo | 2006-02-28 01:48 | daily scene
2006年 02月 15日
最近聞かなくなった”根性”について
子供の時ずっと剣道をやっていた。
いや正しくはやらされていた。
結局、幼稚園から高校までやっていたし段位も漆塗りのマイ防具ももっている。
母が「柔道はがに股になるし耳が潰れるし、剣道がええよ」って近所の道場に連れて行った。
体が弱かったし、兄はもう始めていたし影響されて自然に通うようになった。
けどほんとうに嫌々通っていたかな・・・。
とにかく寒いし暑いそして臭い。
練習は半端じゃなくきつかったし、先生に脳天に決められて気を失ったことは日常茶飯事であった。

ところが中学生になって周りの期待の無さとは裏腹に一発で初段試験に合格した。
そのあたりから自然に剣道がメキメキと面白くなりだした。
夜中素振りなんか練習する日常が始まり、試合でも面白いように勝てるようになっていった。
ただ最後まで剣道というスポーツと根性という精神性を重ねたことは無かった様に思う。
「楽しい」がゆえに「悔しさ」が生まれ、練習に臨む繰り返しだった。
剣道は究極の個人競技だし、精神的な駆け引きで勝敗が左右されていく。
根性でその抽象的なアプローチをすべて克服できたらある意味「楽」だと思う。
決して根性っていう響きが格好悪いから拒否感がある訳じゃない。
根性っていう実態がよく分からないで独り歩きするのがナンセンスだと思うだけである。

英語で根性って訳しにくいじゃないですか。(person with guts!!)
それよりも集中力・concentrationってよく使う気がする。
はたまたpracticeとenjoyとluck、そしてdo my best!!って感じですね。
いずれにしてもストイックに我慢する感じはしないのは何故だろう。
やっぱり楽しむenjoyする感覚が在るのと無いのとでは雲泥の差があるのでは。
c0010769_21331159.jpg

昨夜スピードスケートで岡崎選手は0.05秒差でメダルを逃した。
でも試合後彼女は爽やかに笑い今までを語り、これからを語っていた。
その爽やかさはその時空を楽しめた故の充実感に満ちあふれていたように思える。
もちろん奥底にある悔しさは想像を絶するものであるに違いない。
きっとそれは封印されているし、実感できるのは彼女だけの特権であるはずだ。

妻によく指摘されるが僕もかなりの「達成感フェチ」である。
4年間をペースを乱さずアプローチし本番を集中して楽しめるアスリート。
勝っても負けてもそんな一流のアスリートたちの試合後の爽やかさに感動する。

ところで剣道は80歳の老人でも現役でできるスポーツである。
いつか再開したいなんて考えている。
「気・剣・体の一致」なんです。
[PR]

by kkmelmo | 2006-02-15 21:34 | daily scene
2006年 02月 02日
GoogleEarth
いやいや忙しい日々が続きますが・・・・。
仕事帰りに車を止めて駐車場からのひとときの家路で綺麗な冬の夜空を見上げています。
なんてセンチなことを言っていますが、おかげさまで僕もメルモも元気です。

そんな日々で私ながらの変化は・・??
そういやジムを変えた。
別に健康志向でも筋肉オタクでもないが、長年ジムには律儀に通っている。
僕のジムの価値定義は駐車場、お風呂、ゆったり感、かな。
マシンやプールたって、まああんまり何処も変わらないのではないでしょうか。
ただ開放感やゆったり感といった抽象的なところは、確実に価格と比例する。
以前は仕事の合間に行けるという利便性で恵比寿にあるジムに通っていた。
凄く気に入っていたのだけど、だんだん車がまったく停められなくなってきた。
たぶんちょっとオーバーな集客をしているようだった。
駐車するのに周辺を行ったり来たりすることが煩わしくなりなかなか行かなくなってしまった。
ワガママな話だけど、ジムってそういうモノだと思う。
今回は家の近所のジムに入会した。
ちょっと高かったけど、駐車場、雰囲気バッチリである。
お風呂はなんたって天然温泉!!。(最近家のお風呂に入っていない)

長年腰痛に苦しんできた。
やっぱり最大の原因は運動不足からくる腹筋、背筋の退化らしい。
恐ろしいことに「退化」ですからねえ・・・。
ジムに通う最大の動機は腰痛予防である。
ひたすら腹筋、背筋、下半身をメンテする。
おかげさまで腰痛の頻発度は劇的に改善された。
あまり動かない不健康な仕事ですからねえ。

ところで最近仕事場で話題のソフト「GoogleEarth」です。
青い地球の外観からビユ〜〜〜って地球上の主要都市の街角まで接近できるインパクトのあるソフトである。
GoogleのHPで拾えます。
c0010769_23373827.jpg

おっ、LAベニスビーチのマイちゃんち近辺じゃん!!
[PR]

by kkmelmo | 2006-02-02 23:47 | daily scene