<   2005年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2005年 07月 31日
ベーゼンドルファー
まじで激熱ですね。
そろそろ世の中は夏休みの模様だが、僕はマジメにひたすら働いていました。
が、やった〜〜〜〜!!明日から数日のささやかな夏休みなのだ。
メルモをどこかに連れて行こうかと思っているのだが、この暑さであまり乗り気でない模様。
ほんとレトリバーは暑さに先天的に弱い。
それにメルモは黒いからなあ。
黒いと言えばピアノ。(かなり強引・・・)
c0010769_28136.jpg

今日仕事でおじゃました世田谷のスタジオにはベーゼンドルファーがあった。
なんて偉そうに書いているが僕自身もこのピアノを生で拝見するのは初めて。
イトウ君に「ねえ、なんて言ったっけ?このピアノの名前?」と何回も聞いて呆れられた。
どうしてもスタンウェイやヤマハに馴れているからなあ。

1828年にウイーンでイグナツ・べーゼンドルファーこのピアノ造りを始めたらしい。
1830年にはオーストリア皇帝から初めて「宮廷及び会議所にご用達のピアノ製造者」の称号を授けたそうだ。
なんか格好いいぞ!!
c0010769_282680.jpg

ちなみに最低音部にはこのような黒鍵で通常ピアノ鍵盤最低音以下のさらに低音が用意されている。
本体のサイズが大きいだけにここまでの低音想定の弦が張られている。
ちょっと重い鍵盤を弾くと、何とも言えない重厚な低音が鳴る。
「ここまでの低音を想定してこのピアノでしか弾けない古典曲があるんですよ」なんてまっすんが教えてくれた。
ふむふむ格好いいぞ!!
(ちなみにこのべーゼンドルファーは良質なラウドスピーカーも作っている)
c0010769_285260.jpg

帰宅すると、うちの黒い天使はとても散らかった僕の部屋で、おニューのぬいぐるみを破壊していた。
「おいおい・・・・、どうでもいいけど目は食べるなよ」
[PR]

by kkmelmo | 2005-07-31 02:12 | daily scene
2005年 07月 25日
京都にて
今週末は京都で過ごした。
夏の京都で仕事なんて久しぶりだ。
祇園祭を終え本格的な独特な暑さのなか、京都の夏は始まろうとしていた。
知恩院や円山公園の木々の蝉の鳴き声もまだ遠慮気味で、時間によっては心地よい風を感じることができる。

僕はティーンエージャーを京都で過ごした。
説明しづらい個性的な暑い夏も、あの独特の寒さの中も御池通を自転車で学校に通った。
そしてお酒を飲み始めたのも、タバコを粋がって吸い始めたのも京都だった。そして初めてのデートも京都だった。
(河原町にレコードを買いに行っただけというかなり可愛いものだったけど)
東山や岡崎界隈にびっくりするマンションなんかは建っているが、基本的には京都という街は変わらない。
記憶にあるちょっとした街角の佇まいはあきれるほどそのままだ。
東京に住む僕にはかなり信じられないくらいその時の空気が自然に残っていた。

僕の兄貴は当時京大の経済学部に通っていた。
中古だけど真っ赤なカローラで颯爽と余裕で通っていた。
たまに乗せてもらって学校に行った。
カッセトからはビリー・ジョエルがよくかかっていた。
なにか兄貴が急に完成されて、僕は置いていかれた気がした。(現実かなり置いていかれていた)
そんなコンプレックスと淡いジェラシーが京都の街並みの風景とともに思い出される。
今だと、クスクスと笑えるぐらい可愛い思いなんだけど・・・。

今朝タクシーで平安神宮に向かった。
当時のお気に入りの裏道であった二条通を東山に向かった。
大好きだった河原町二条から川端通り界隈(とはいっても極めて何もないほんと京都の普通の街並み)を通った。
堅実な和菓子屋さんや草臥れた喫茶店が、そのまま並んでいた。

その先橋の上から垣間見た鴨川の流れは、相変わらず清らかでマイペースだった。
c0010769_0265435.jpg

[PR]

by kkmelmo | 2005-07-25 00:31 | daily scene
2005年 07月 18日
プチスイミング
暑くなってきましたね。梅雨も明けたようだし。
メルモは例によって暑さにもめげずに元気に暮らしている。
ただかなりダレダレの日々になっているが。
忙しい日々が続いていて、楽しみにしている山中湖ワンプールor近辺カヌーツアーに行けてない。
言い訳もしつつ、メルモには悪い事をしていると気になっている次第である。
まあ暑くてなかなか実行に移せない怠慢さが最大の原因かも。

昨日夕方ちょと涼しくなったので3匹でサンポに出かけた。
c0010769_1671758.jpg

まずは無名坂、仲代達也氏主催「無名塾」前でウンチ。
メルモ、モザイク入れたから許せ・・・。

岡本民家園の中の公園に小さな川がある。
c0010769_1674174.jpg

しばしここで水遊び。
根っからのスイマーのメルモさん、顔が笑ってます。
5年前、ここの池でスイミングデビューしたっけ・・・。
それはそれはビビリつつだったなあ。
[PR]

by kkmelmo | 2005-07-18 16:08 | dog
2005年 07月 12日
マジメに夜なべ
goo mamaがひとりで子供のための英語学習音楽を創っている。
と言うと堅い感じになってしまうが、
「唄って踊って英語のリズムを身につける」というRHYTHM TEACHINGというプログラムである。
ヒップホップからファンクもちろんロックといった具合にあらゆるグルーヴと英語が共存している。
彼女のデモテープを聴かせてもらって、その才能にビックリ!!
「フムフムまかせてよ!!形にしてあげるよ〜〜」
なんて調子こいて言ったいいが、なかなか良くできていてノリ一発でいかない力作揃いなのである。
帰宅後マジメにMacにむかって悪戦苦闘しているのだ。
c0010769_1372210.jpg

日常の仕事では
「あ〜〜〜、良いんじゃないの〜〜」
「う〜〜〜ん、イマイチ」
「まあまあね・・・」
「中途半端なんだよねえ〜〜」
なんてまったく偉そうに宣っている自分を痛く反省する次第です・・・・。

「ああ、goo mamaのOKは、でるであろうか・・・・?」

ps/まじでステキなハッピーな曲と英語のリズムがコラボレーションされた秀作です。
いままでにない画期的な教材じゃないでしょうか?
完成すればだけど・・・・。
[PR]

by kkmelmo | 2005-07-12 01:40 | amusement
2005年 07月 06日
福原愛は格好いい
僕は最近ファンなのだ、福原愛ちゃん!!
日本全国のオバーチャン達の「みんなの孫」らしいけど、僕はスポーツ選手として俄然ファンなのだ。
もちろん僕も彼女が泣きながらママにしごかれて、ラケット握っていたときから知っている。
前回のオリンピックでも、残念ながらいささか人気先行の成績に終わってしまった。
c0010769_1144581.jpg

その彼女が卓球の世界最高峰、中国スーパーリーグに遼寧省チームの一員として参加している。
決して多くはないが、その伝えられる情報を垣間見るにつれファンとなってきたのだ。
これはもう中田英がペルージャに単身乗り込んだのに匹敵する試練多き挑戦だろう。
「ハイレベルに若くして身を置く」
広大な国内リーグツアー、言葉の壁、などなどパイオニアとしての試練が彼女を待ち受けている。
でもどうやら独特のキャラクターと精神力と驚くべき語学力で確実に進化を続けている。

今のスポーツは、プロ、アマ問わずいろんなビジネスの可能性のなかで存在している。
それ故に注目されるスター選手は、それはもう想像を絶するプレッシャーの中に身を置く。
そして多くのスポーツ選手は若くしてピークを過ごす。
つかの間の成功者は征服感に酔いしれ、不幸にも自分を見失う悲劇を味わうモノもいる。
だが現代の若き天才プレーヤー達の中には、その近代的な異次元で実に絶妙にバランスを
保つことができる素晴らしいプレーヤーが存在しだしている。
奢ることもなく、微笑みと厳しさの素晴らしいバランスを見せてくれる。
最近の僕にとってのその大ヒットプレーヤーが、福原愛である。

彼女が広大な大陸を古びた列車に揺られて転戦する映像を見た。
車窓から景色を無意識に眺める彼女はちょっと孤独で寂しそうだった。
でも戦いでのひたむきに勝利を目指す彼女の目は厳しく輝いていた。
そしてメチャクチャ格好いいのだ。

やばい目付きでスポーツのピュアさを冒涜する発言をするどこかの相撲親方もかっては同じ目をしていたのに。
残念である。
[PR]

by kkmelmo | 2005-07-06 01:18 | amusement
2005年 07月 03日
世田谷の野菜について
仕事柄、深夜まで連日こもることがある。
必然的に店屋物の食事が続くことになり、若いときは着実に太っていった・・・。
その反動か結婚してから積極的に外食をしなくなったような気がする。
妻はそんなことは関係ないから、負担を考えると僕のそんな勝手を申し訳なく思う。
勿論近所のサクメシ探訪は大好きだから、適当に外で食べてるんだけど。
そうだなあ、やっぱり特に夕食で客人をもてなす企画として出かけるくらいになってしまった。
それと勿論家で食べる方が断然美味しいし、落ち着くからね。

ちなみに結婚した当初、妻は全くの料理音痴であった。
それはもう基本から教えさせて頂きました。(それはもうウルサかったことでしょう)
それが今や、「これどうやって作んの??」と僕がお伺いをたてている。
まじで妻の料理は美味しい!!(いまだサラダの盛りつけが苦手です・・・)
c0010769_19191053.jpg

僕が住む世田谷界隈は東京といえども多くの農家が残っている。
この界隈で一番のお金持ちは、地の農家の家々かも。
そんな多くの農家が、その朝採れた野菜を道ばたの自動販売機で100円程度で売っている。
何かの本で、居住している地場の作物を食べるのが基本的に一番正しい事だと読んだことがある。
確かに新鮮さはピカイチだし、同じ土の自然の恵みを感じることができる。
昨夜も枝豆最高でした!!
時々買いすぎるので、妻に怒られる。
c0010769_19194762.jpg

メ「リーダー、さっき間違ってピーマン買い過ぎたでしょう・・・」
[PR]

by kkmelmo | 2005-07-03 19:28 | daily scene