<   2005年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2005年 09月 27日
姪っ子の新体操の演技曲を作った。
c0010769_251485.jpg


今日は何も言うことがありません。
はい。
[PR]

by kkmelmo | 2005-09-27 02:06 | daily scene
2005年 09月 19日
メルモは6歳に
連休でしたが昨日まで何だかんだと働いていた。
ほんと今年は忙しい!!
ということで日々のスピードの速さは凄まじく、もう秋である。
そして今日はメルモの6回目の誕生日だ。
そうか、我が家にやって来てもうそんなにたつのかあ・・・。

ほんといろんなことがあった。
間違いないことは、メルモがいなかったら体験出来ないことばかりである。
そしていろんな人たちと素晴らしい出会いがあった。
これもメルモがいなかったら、なかった出会い達である。
ありがとう!!メルモ!!

という感謝の気持ちをこめて何処に連れって行ってあげようか悩んだ。(今日はなんとOFF!!)
悩んで悩んで、いっぱい地図を広げて・・・、結局近所の多摩川であった。
ハハハハ、これは明らかに手抜きである!!(開き直っている・・・)
でもメルモは、それはもう元気に弾けていた。
c0010769_19101830.jpg

逞しいこの勇姿。
メ「浅瀬でつまらないわ〜〜」
c0010769_19104627.jpg

調子にのっているとクルクル回りながら流されていきました。
川面中央黒点がメルモさんです。
K「お〜〜〜い、大丈夫かあ〜〜〜〜〜!!」
c0010769_19112724.jpg

K「メルモ、おまえはカワイイなあ!!」
メ「リーダー、はやく何か投げてくれ〜〜」
c0010769_19125467.jpg

ちょっと暑い日差しでしたがイイ休日でありイイ誕生日だったのではないでしょうか。
c0010769_19122430.jpg

先日マイちゃんのお兄さんが沖縄土産に抜群の泡盛を送ってくれた。
彼はWOWOWのエライ方なのだ。
この手のモノはバンザ〜〜イという感じで、全く遠慮無く頂きます。
それにしてもどちらも抜群に美味しいのだ!!ハンパじゃない!!

お刺身と泡盛で締めたメルモの素敵な誕生日でした。
メ「なんだかなあ〜〜〜〜」
[PR]

by kkmelmo | 2005-09-19 19:21 | dog
2005年 09月 13日
いろいろなシーン
小泉さんが圧勝したのも「分かりやすさ」らしい。
そうか、大事かもなあ。
出来はともかく、わかりやすい写真を何げに選んでみた。
どうってことは無いんだけどそれぞれ好きなモノがある。
c0010769_2361267.jpg

まずはある日の多摩川。
雲と空と川面のコントラストが凄かった。
もちょっと視点を上にしなきゃ。
c0010769_2373968.jpg

去年のカノア。
この直前にスーパーのレジ横で10ドルの「ピーチャン」を買った。
すごく気にってくれたみたいだった。
いまでも「ピーチャン」いるかな??
こう見ても大きくなったね。
c0010769_2372752.jpg

メルモはいつもなにか考えている。
ときどきじっと雲をみている。
c0010769_238574.jpg

仲が良いでしょ。
でも実は、あまりにほっとかれて甘えに来ている。
c0010769_2382199.jpg

特訓です。(僕が・・・)
[PR]

by kkmelmo | 2005-09-13 23:11 | daily scene
2005年 09月 07日
ドッグトレーニングDVD
海外に長期仕事に行く利点のひとつに、仕事が絞り込めるということがある。
つまりあれもこれもというモードは必然的に無くなる。
東京からあまり電話もしつこく追っかけてこないし、でも昨今メールは来ますな。
でも明らかに東京にいるよりシンプルな仕事の進行となる。

去年の2月に長期滞在していたLA がそんな状態であった。
マイちゃんのお陰も大で、順調に仕事は日々進み充実していたが根っこの貧乏性がムクムクと頭角を・・・。
そういや以前から暖めていた企画をしたためようと思いつきMacの前に夜な夜な座った。
3年間F先生の元、メルモとともに修行したドッグトレーニングに関するTV番組企画である。
極めて基礎的なカテゴリーをわかりやすく、犬も飼い主も楽しんで出来るトレーニング。
犬のトレーニングというよりは、飼い主のトレーニングに主旨をおいてみた。
私の師匠であるF先生のロジックを正直にかつ簡潔にまとめていった。
でもまあ実際2日ほどで書き上げたんだけど。(イヌ関係は筆がすすむ!!)

とんとん拍子にBSフジで企画がとおり、早速番組が制作されていった。
僕は企画プロデューサーとなったんですが、ほんと皆様のおかげで形になりました。

先日フジTVの某氏と会話中に
「そういやあのワン番組DVDにならないの??」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
絶句している。
返事がない・・・・。
「どうしたの????」
「すすすすスミマセン、もう出てます・・・・」
「ななななんだと〜〜〜〜〜!!」
c0010769_1234656.jpg

ということでめでたくDVDリリースされていました。
もし機会がおありでしたら観て下さい!!
[PR]

by kkmelmo | 2005-09-07 01:30 | dog
2005年 09月 04日
最近気に入ってるモノ#1
昔から持論があった。
「日本映画を退化させたのは”男はつらいよ”だ!!つまり山田洋次だ!!」
あの究極のワンパターン。
マドンナのキャスティングで決まるストーリーとその話題性。
それってJ事務所持ち回りキャスティングで、脚本が決まっていく昨今のトレンディドラマの原点だ。
(いかん調子に乗ってイランコトを言いそうだ・・・)
余談ですが”男はつらいよ”の原型と言われているTV作品”泣いてたまるか”は大好きだった。
あの渥美清は素晴らしかったし、テーマソングも秀逸である。
とにかくこの”男はつらいよ”が48作も続き、かつ興行的に持続出来たとは驚きだ!!

ふん・・・偉そうに・・・。

本当にスミマセンでした。見事にはまっています。
いやあとにかく面白い。
BS2毎週土曜日、まじで楽しみにしている。
c0010769_32495.jpg

はまっている大きな理由にやっぱり、随所に感じる昭和のノスタルジーがある。
例えばおいちゃん、おばちゃんがそして寅さんが近所に筒抜けで大げんかする家庭。
そういや僕の子供の時は近所では結構当たり前の光景だったけど。
そしてちょっとした小物や街並み服装。
今とは違うゆったりしたそして暖かいスピード感がある。

それと何と言っても女優陣がみなさんなんとカワイイことか!!(おばちゃんの三崎智恵子さんも!)
今日は吉永小百合でしたが、無個性な現代の女優たちにはとうてい無い凄さがある。
いやいや僕は、まじで倍賞千恵子の大ファンになっている。あっ、つまりさくらです。
いずれにしてもあんなにバカにしていた寅さんにバッチリはまっている。
やっぱり日本人っていいですねえ。
[PR]

by kkmelmo | 2005-09-04 03:05 | amusement
2005年 09月 01日
民度
c0010769_2302162.jpg

石原都知事が中国における反日デモの暴動の様を「民度の低さ」という括りで論評していた。
他国の民度を責任ある政治家が語るのはかなりの慎重さが求められると思う。
とはいえある意味、われわれ日本人の民度が計られる政治判断がせまっている。
突然の、そしてイマイチすっきりしない流れの展開後の衆院選である。

連日テレビをつければ政治討論の番組が目白押しである。
郵便局をどうしましょう??という命題で、気が付いたら800億円ほど使って選挙が行われる。
それに賛成する人、反対する人、妥協する人、裏切る人、まったく悲喜交々である。
所詮完璧な政策政治なんて存在しないし、支持率が100%なんて北朝鮮じゃあるまいし。
だからこそ客観的なチョイスが初めて出来る選挙がやっと成される気がする。
ただ小泉という政治家は天才であることは間違いない。
もしくは精鋭のリサーチスタッフを抱えているようだ。いや、やっぱ彼の感性は天才だ。
この人にかかれば、大きなミスも「まあそういうこともあるかも」なんて恐ろしい展開を示す。
でも軽薄な裏付けが多くの矛盾を含んでいることが少しずつ露呈してきていることは確かだ。
すると新作の素晴らしいキャッチコピーで煙に巻く・・・。

ヨン様に携帯カメラを向けるオバサンたちと、小泉首相に群がる群衆はあまり絵として変わりない。
メディアを見事に使い切ったPRを続ける小泉流、ある意味見事だ。
でも僕は、そんなことを確認するにつれ冷静になっていく。
人気と政策の矛盾は、政治を語る上で不可欠な、でも日本では無意味な論点である。

ただ気が付くと、炎天下の駒沢通りで工事現場で交通整理誘導している人たちが老人だらけになっている。
駒沢通りだけではなく、おおくの現場で誘導されるとき車内から見つめる真っ黒い顔は、
確実に老人だらけになっている。
みなさんホント真っ黒でお元気そうだが、中にはオバーチャンもいたりする。

やっぱり郵便局だけが問題じゃないと思う、今の日本は。
[PR]

by kkmelmo | 2005-09-01 02:33 | daily scene