<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2005年 10月 31日
携帯写真
携帯の写真なんてまったく信用していなかった。
一眼レフとIXYを持っているけど、現実いつも出かけたりその先で叫ぶ言葉がある。
「あ〜〜〜〜!!カメラ忘れた」
これはまだイイ・・・。
「あ〜〜〜〜!!電池入ってない!!」
「あ〜〜〜〜!!メモリカード入ってない!!」
これらは、本体は持っているのに撮れない現実であり、厳しいモノがある。

ある日の妻のアドバイスは「いつも持っている携帯のカメラを有効に使えばいいじゃん」
ふむふむ。なるほど。
ということで最先端の高性能カメラ付き携帯を購入した。(久々の携帯機種変更!!)
ところが残念なことに一週間でその機種はやめました。(液晶に自信ありのメーカーでしたが)
なんたって、デカイ、重い!!こんなの毎日持ってあるけるか!!
高い授業料ではあったが僕には必要ない高性能であることが明確となった。
ということでコンパクトな手堅い機種に落ち着いた。(これでも以前のやつより全然高性能!!)
へえ〜〜、結構ちゃんと撮れますねえ。
c0010769_1232578.jpg

メルモ無しの妻ソロ写真はなかなか無いんです。(撮る方も撮られる方も照れますな)
c0010769_1234796.jpg

無印で在庫処分、なんと1000円のスニーカー。
かなり気に入った!!
c0010769_1255450.jpg

早朝の静嘉堂はちょっとした芸術品が落ちている。
こういうのは携帯カメラがあれば便利ですね。
c0010769_126325.jpg

メルモさん撮ってあげますがな。
c0010769_1262969.jpg

芳しい肉球アップだ!!

つまり今まで僕は携帯電話のカメラはまったく使いこなしていなかったのだ。
[PR]

by kkmelmo | 2005-10-31 01:33 | daily scene
2005年 10月 26日
マンガな時期
いつもいつも本は読んでいる。
それこそ乱読で、寝る前のベッドでの読書タイムが至福のひとときである。
でも最近は忙しくて、寝る前にとてもじゃないけどヴァンダインや村上春樹なんか読んでられない。
もっともっと単純にアミューズメントなひとときを過ごしたいのである。
できればあんまり理屈が無くて、頭使わずに読めることが大事・・・・。
数ヶ月ごとに必ずそういう時期がやってくる。
そんなときは、マンガ、マンガ!!
c0010769_152667.jpg

最適なのはコンビニ版「ゴルゴ13」でしょう。
でも結構勉強になるんですよね、これが。
「三国志」と「カムイ伝」はいつかはじっくり読み込みたい作品である。
いままで何度か挑戦したが、途中で挫折してきた。
このたび大人買いした「カムイ伝」読み込んでいますが、1巻と2巻は読み返しながら進んでいる。
結構頭を使うのである、白土モノは・・・。
c0010769_151997.jpg

さてさて実は小学校のときから僕は一条ゆかりファンである。
男兄弟の僕が何故か・・・、あまり記憶は無いが同級生の女子に借りてはまったんだと思う。
リボンですよ、リボン良かったなあ〜〜。
やっぱ「砂の城」かな、でも「デザイナー」も好きなんです。(今ひるメロでやってるって?)

今宵もベッドでメルモを枕にしてマンガタイムなのだ。
[PR]

by kkmelmo | 2005-10-26 01:59 | amusement
2005年 10月 21日
光と影
東京はしばらく雨が続いた。
日々とても忙しかったし、法事があったりしてちょっと疲れましたね。
実家にあったゴルフはいま僕が引き取ったから実家は車がない。
今回はファミリータイプワゴンをレンタカーして総勢6.5人でワイワイ一緒に移動した。
これは僕にとって想像以上に楽しい体験であった。(そしてちょっと懐かしい)
それはそれは賑やかに車中大騒ぎ、そして気がつけばルームミラーには寝顔が並んでいた。
やっぱり家族ってイイもんですねえ。

さて帰京して相変わらず雨が続いていたけど今朝は久々にイイ天気。
雨のあとの空気はほんとに透き通っていて気持ちがいい。
秋深いこの頃はとくに少し尖った空気が心地いい。
やっぱり日本の秋ってイイもんですねえ。
c0010769_0521355.jpg

よく考えると久しぶりにメルモと静嘉堂の森を歩いた。
c0010769_0522197.jpg

「おい、行くぞお〜〜」
「もう笹ばっか食べて・・・」
「あーあ葉っぱ入ってんなあ〜(ウンチ拾いながら)」
「もうチッチ(おしっこ)いいの?」
相変わらずメルモに話しかけて歩いていた。
c0010769_05447.jpg

c0010769_0525461.jpg

「小春日和」って言葉が大学入試に出題されて、それを間違ったのをこの頃になると思い出す。
c0010769_0544361.jpg

朝の光と影の中にメルモがいた。

やっぱりいぬとの生活ってイイもんですねえ。
[PR]

by kkmelmo | 2005-10-21 00:57 | dog
2005年 10月 12日
クリエイトするということ
音楽を創る仕事に関わるときよく思うことがある。
当然あるときは一人で、またあるときは何人かのチームで音を創っていく。
そこには想像以上に音符や五線譜や楽典的な会話は存在しない。
むしろ皆無と言っていい。
「ここはもっと切ない展開にすべきだよ」
「雨が降っているんだよここの場面は」
「もっと独りぼっちなかんじにしてよ」
「息が白くて襟たてて独りで歩いてるんだよね、雑踏の中を」
等々・・・。

僕は幼稚園の時から高校生まで油絵を習っていた。
アサリ先生という女性の先生だった。
小学校の低学年でキリコとか模写していた。
いろんな方法論で自由に表現をすることをひたすら教えてくれた。
ただ絵的な説明や漫画的な描写をすると「つまらない」と言って諭されたことを覚えている。
「K君、君の目で見て私と後ろの壁に境界線はある?無いでしょ?だから輪郭を書いてから色を塗るのをやめなさい」
つまり最初から最後までロジックじゃなくタダひたすら絵的に色彩的に思考することを教えられた。
その後楽器もやり始めたし、大学時代は結構マジメにバンド活動もした。
でも深く深く楽器をやったり、アンサンブルを考えたりすればするほど音符が無意味だと気づく。
もっと大事なのはその手前のシーンであったり色彩であったりだと思う。
そういう意味でユーミンの「悲しいほどお天気」は素晴らしいタイトルだと思う。
そこから想像されるシーンがなんと切なく綺麗な空間であるか。
そしてそのあとに音が聞こえてくる。
僕にとってその後の音楽体感や演奏経験よりも子供の時のアサリ先生からの
絵的な発想や思考の影響の方が結果的に絶大である。
c0010769_1135758.jpg

先日LAのカワイイティーンエージャーKAIから3曲デモ音源がメールされてきた。
MacのGarageBandでハイクオリティーなグルーブでかっこいいトラックが送られてきた。
完璧にシーケンスソフトとフリー音源を使いこなして想像以上に成立していた。
秀作である。
c0010769_111554.jpg

でも僕はKAIに返信した。
「KAI、次はストーリーとともに、長くなってもいいからドラマティックな曲を創ってごらん」

彼が気になる女の子を想う切ない気持ちで、見つめたベニスビーチの夕日を
音符という絵筆を使ってクリエイトしだしたらきっと面白くなってくると思う。
[PR]

by kkmelmo | 2005-10-12 01:22 | amusement
2005年 10月 09日
僕の一番好きな場所と時間
雨が降って秋が深まっていますね。
僕は連休にもかかわらずがんばって働いています。
でも今日は少し休めた。

英語の学校に朝行って、そのあと妻と二子玉「たぬき」でさんま定食。
なんやかんや買い物して帰宅。

雨上がりの夕方。
暮れなずむ夕焼けを見ながらソファでまどろむ。
僕の一番好きな場所と時間かもしれない。
c0010769_2174129.jpg

3匹でこの時間を過ごす。
c0010769_2164735.jpg

瞬く間に我が家からの景色はこうなる。
今日はちょっと飲もうかな。
[PR]

by kkmelmo | 2005-10-09 02:19 | dog
2005年 10月 01日
定番モノ
先日長年一緒に仕事をしてきた仲間に言われたことがある。
「Kさんは知ってる限り10年以上同じ格好だよね」
「はははは・・・」と言いながら複雑な気持ちだった。
なぜなら僕のクロゼットは結構満杯である。
それに毎日最低昨日は何着たっけ??とか今日は天気がいいからとか、今日会う人はあの人だから
とか一応考えながら日々選んで着て出かける。
(そういや先日マイちゃんのブログでも僕が10年間風貌が変わっていないという描写があった)
もちろん若い頃のような衝動買いは全くなくなったし、それ以前に洋服を買うと言うことが皆無になっている。
それとさすがにこの年になると定番モノが出来ていて、それが同じ傾向を醸し出しているのであろう。
c0010769_1134088.jpg

まずはコンバース。
僕が中学生の頃はこれと3本ラインのアディダスとの勝負って感じだった。
最近大流行で、やっぱ定番の極致ですね。
ヴィンテージはやっぱ良い味出しているが、基本的に耐久力には欠けるスニーカーですから、
僕は安いアジア生産モノを履き潰している。
他に持っているのもゴッソリ下駄箱から出して撮影したのだが、なんか臭い写真になったのでやめました。
c0010769_114829.jpg

リーバイス。
これはもう15年ぐらい履いている。
ビンテージには全く興味がなく、これは履いているうちにビンテージになってしまった。
もうボロボロで、先日もケツが破れてきた。
妻が用賀のスーパーで幼児用ジーンズを980円で買ってきてくれて補修してくれるらしい。
ただただ感謝であるが、すみませんが早くやってくれ!!
もう一ヶ月もミシンの上に載ったままだ。
彼女には分からないかも知れないが(つまりどれも同じボロじゃん)これを履きたい朝があるのである。
ちなみにポケットはもう何回も繕っている。(小銭を落として穴に気づくのだ)
先日古着屋で「いい感じのジーンズですねえ」って言われてかなり嬉しかった。
c0010769_116782.jpg

ペコス。
数年前マガジンハウスの最高顧問のK氏が60歳というお年でペコスを愛用されているのを見て履きだした。
これは2代目スウェードである。
何しろ自分のサイズに出会うのにひと苦労である。
中敷きを駆使したりして大きめを履いたりしたが今はこのサイズを見出した。
フィットするサイズに出会うとこんなに素晴らしいブーツは無いであろう。
ホントは赤茶が欲しいのだけど僕が履くとかなりいかれたカウボーイになるので諦めた。
これはあと10年は履き倒すつもりです。
c0010769_1163343.jpg

タグホイヤー・ダイバー
業界人のするRolexはきらいじゃあ〜〜。
日本人でRolexが似合う人はあまりいませんねえ。
なんかガンバって一儲けして憧れのRolexにやっとたどり着いた感じが悲しくってね・・・。
BMWとRolexには要注意である。
タグホイヤーはそんなに高価では無く、型を選べばデザインも好きな時計である。
8年くらい前表参道の本店で買った。
数日後カメラのさくらやで半額近くで売っていて、マジで泣きそうになった。
「正規店で買って、堂々とアフターケアをうける買い物をしなさい」と妻が励ましてくれた。
しくしく。
もう時計はこればっか。
c0010769_1165766.jpg

メ「なにやってんの〜〜〜、オークションかあ??」
[PR]

by kkmelmo | 2005-10-01 01:24 | daily scene