<   2005年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2005年 12月 22日
いい本でした。
先日、日帰りで伊勢に行った。
何で伊勢なんだ・・・・、それはまた後日書きます。
名古屋は大雪のあとで所々雪が残り、かつ新幹線のホームでも寒風吹きあれていた。
でも伊勢は抜けるような青空が広がり、神々しいキリッとした空気に満ちていた。
しかし伊勢はかなり遠い。
名古屋から近鉄特急で約2時間かかる。
ひたすら続く単調な景色に飽きたときに、なにげにバッグに入れてきた文庫本を取り出した。
数ヶ月前妻が「良い本だよ」って僕の机の上に置いたままになっていた本である。
往復の車中で読み切ってしまったが、それは予想以上に素敵なお話しでした。
c0010769_23481465.jpg

武岡史樹著「犬連れ北海道3000キロの旅」という実にシンプルな旅行記である。
著者の武岡氏は脱サラ後、愛犬のフラットコーティッドのソアラと念願の旅に出かけるのである。
それはソアラとひたすら北海道でヒッチハイクを続け、やがて東京に戻ってくるというものである。
僕はいつからか盲導犬関係と愛犬の死に関する本は避けてきた。
なにかひたすら可哀想で悲痛な話がメインなのが辛いのである。
もちろん盲導犬やセラピー犬との素晴らしい書籍は多く見出すことはできる。
それはいずれ来るメルモとの別れの時にきっと一杯涙を流すから・・・というエゴからなのだが。

でもこの本はホント素敵で、読後は素直な爽やかさに包まれた。
著者とソアラの2人の(話の中では必ず2人という表現を使っている)旅を実に多くの人たちが助ける。
ソアラがきっかけで車を止める人たち、そして雨の中で野宿する2人を助ける地元の人たち。
そしてそれらの優しい愛の橋渡しには、ソアラという素晴らしい犬の存在が不可欠である。
多くの犬と生活している人、生活していた人が2人の旅を手助けしていく。
犬という共有できる愛情の証を確認しながら人々はソアラと著者を導いていく、自然に。
北海道という大らかな土地柄もあるのであろうが、実に微笑ましい愛情溢れる犬バカ達が登場する。
いつしか読み続けていくうちにソアラと著者が、メルモと僕になっていた。

「犬という素朴で誠実な生き物の存在が、僕の心をピュアにし、出会った人の心を和ませ、
お互いの持つ善意や親切心を自然に引き出してくれたのだと思う」
という素敵な後書きの一節に自然に説得力を感じる。
最後に2人を車に乗せてくれる札幌の寡黙なお医者さんのあたりで、僕はちょっと泣いてしまった。
c0010769_23483736.jpg

実は僕のささやかな夢は、メルモとの北海道を旅することである。(ヒッチハイクは無理だけど)
とてもじゃないけど僕の今の生活では不可能だけど、残されたメルモとの時間で見出したい夢である。
でも当面は先日見つけた修善寺の犬OKの温泉旅館でメルモと一緒に湯に浸かるのが目標かな。
[PR]

by kkmelmo | 2005-12-22 23:58 | dog
2005年 12月 17日
おやおや・・・!?
c0010769_18343078.jpg

さっきから姿を見せないと思いきや、バリケンからだらしなく伸びた肉球。
c0010769_18344767.jpg

爆睡してます。
今日はよく歩いたね。
[PR]

by kkmelmo | 2005-12-17 18:35 | dog
2005年 12月 12日
携帯写真#3 ”冬の散歩道”
いつも書き出しは一緒ですが、やっぱり働き続けています。
ついに来月は来年である。
元気に新年を迎えましょうね。
今朝は東京はかなり寒かったですね。
寒いのは大嫌いだけど、暖かい格好をしてメルモとサンポに行くのは何故か好きである。

静嘉堂はもう冬休み。
美術館も来年の2月まで閉館である。
ここの学芸員は密かに僕の憧れの職業である。(じつにノンビリしている雰囲気)
c0010769_1483520.jpg

もう今年の森や庭園への手入れは終わったのか、サンポコースの坂道は銀杏で一面黄色!!
c0010769_1481384.jpg

お〜〜いメルモ、帰ろうよ!!
腹減った・・・。
c0010769_1485475.jpg

夜も一緒にサンポに行った。
ウチの近所(瀬田や岡本)では、ここんちが優勝ですね。
近づくとミュージックも流れています。

あんまり人様のお宅に携帯向けて写真撮ってるのも考えものですね。
[PR]

by kkmelmo | 2005-12-12 01:51 | daily scene
2005年 12月 06日
大変な月曜日
まず朝トイレであることに気がついた。
おやおや床が濡れている。
あ〜〜あ、オシッコ飛ばしたのか俺ったら!!
ちょっと待て今僕はたしか便座に座っていた。
その状態で僕の左側の床が濡れているのは何故だ・・・・?
しゃがみ込んで便器を舐めるように各部分を点検してみた。
あっ、なんとウォシュレット左側から漏れて垂れ落ちる水滴発見。
いつものリフォーム事務所のミヤガワッチに急遽来てもらった。
(我が家は古いマンションだからいわば主治医的なリフォーム担当者がいる、それがミヤガワッチ)
その後僕は仕事に出かけてしまったが、後に妻から「治ったぜ!修理代¥12,000なり」とメール有り。
う〜〜ん、10万くらいの便器取り替え工事をほぼ覚悟していたので安堵・・・。

帰宅するとバスタオルを頭からかぶった半泣きの妻が出迎えた。
「どうした??風邪ひいたか?」
「ふえええ〜〜ん!!すすすすスズメバチだああ〜〜〜」
確かにリビングのスタンドに僕の親指くらいのスズメバチが一匹とまっていた。
昔洗濯中に襲撃にあった近所の奥さんの話を思い出した。(その一家はまじで引越していった)
黒いメルモは当然寝室に避難させた。(でも興奮状態!!)
僕はマフラーを頭から被り、ソット近づき大量のフマキラーを噴霧した。
(ところでこの激寒の真冬の夜になんでスズメバチがいるんだ!?)
のたうち回り七転八倒のハチ。
なんどか視線が合ってしまった。(視線が合ったと感じるくらいでかい顔をこっちに向けていた)
弱ったハチを何とか外につまみ出し、退治終了。
しかし迫力ありました。
(こんな冬場はスズメバチはまれに見られますが極めて攻撃性は低いらしい、でも要注意です)

そのあと気がつくとメルモの周りの床や絨毯に水滴が・・・・。
「あれ、なんでこんなにメルモヨダレ垂らしてんの??」
「さっき水飲んでたから垂れちゃったんじゃない」と妻の平和な返答。
メルモはヨダレは日常垂らさないし、水を飲んだにしては大量に胸や足や床が濡れすぎてる。
じっとメルモの口元を観察。
げげげげ。
メルモの左側口元から目の前でダラダラと大量のヨダレが垂れていた。
これはちょっと焦った!!
時間はもう遅く当然メルモの主治医であるB医院は閉まっている。
でも先生は緊急に自宅の電話番号を教えてくれている。(メルモは恵まれてる・・・)
先生と状況分析の長電話で判明したことは以下の通り。
・大量の殺虫剤の噴霧
・水飲み容器まで噴霧剤が届き混入する。(4メートルくらい離れているが全然あり得るらしい)
・それを飲んで軽い薬剤中毒。(水溶性の薬剤はきわめて簡単に水溶するらしい)
・もっとダイレクトに大量に摂取もしくは吸引していたら痙攣までおこすらしい。
突発性のてんかんも疑ったが、それ以外の急変する異常が見られないのでちょっと安心。
すぐに口から全身をシャワーで洗浄。
薄めた牛乳を飲ませて様子を見た。
3時間ほどヨダレは続いたが、さっきゴハン食べたら治ったみたい。
やれやれ・・・。
それにしても凄い一日であった。
c0010769_191533.jpg

うちの便器とメルモは僕より確実に恵まれた主治医をもっている。
(念のため明日の朝、メルモを病院に連れて行きます)
[PR]

by kkmelmo | 2005-12-06 01:16 | dog