<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2006年 03月 18日
マイ家
以前書いたことがあるけどLAは僕にとって特別な所だ。
若い駆け出し時代、かなり鍛えられた思い出のある街である。
とにかく年中LAにいた。
ロサンゼルスオリンピック直後ぐらいだったし、日本食屋さんもそんなになかった。
(いまや東京より美味しいラーメン屋、焼鳥屋、蕎麦屋が結構ありますね)
ただただ地図を片手に必死でロスの街を車で走り回った。
何人前ものディナーをピックアップに行ったり、底をついた制作費をダウンタウンの銀行に補充に通ったり。
それこそ交通事故にも遭ったことあるし、病院にもお世話になったこともある。(何故???)
仕事のチームでもかなり身分が低かったし、とにかく自分で動かなければ始まらなかった。
必死で拙い英語を話して、必死で地図を見ながら街を動き回った。
ある日電気炊飯器を買いにハリウッドからダウンタウンのヤオハン(当時はありました)に行った。
フリーウェイは行きも帰りも大渋滞で炊飯器1個手に入れるのに、結局半日以上かかってしまった。
その時「ああこの街は、こういうペースなんだ」って思ったことを覚えている。

つまりLAという街は辛いだけで全然好きじゃなかった。

でもある仕事で素敵な親友ができた。
友が出来ると不思議なモノで、今やLAは僕にとってかけがえのない「帰るところ」になってしまった。
マイ家は家族ぐるみで仲良しだ。
とても腹を割った付き合いをさせてもらっている。
マイちゃんはとてもタフだし、ダンナのディーンはマイペースだ。
子供達は本当に素敵に育っている。
そんな彼らを僕は尊敬しているし、ここからまた多くの友達ができた。
ああ、そろそろ帰らなきゃ・・・。
c0010769_1719756.jpg

1996年僕とマイちゃんと初めて一緒に仕事をしたときの大事なそして大好きな写真。
on PicoにあるSanFrancisco Saloonというスポーツバーの前で記念写真。
マイちゃんとディーンが写ってるけど彼らはまだ結婚前だね。おっ、わが妻もいる!!
いまだにここに行って飲むことがある。
c0010769_17193610.jpg

僕のデスクの横にあるKaiとカノアのスナップ。
この写真も大好き。
しかし2人とも大きくなったね。
(余談ですが、うしろは赤塚不二夫氏の生色紙、家宝ですね)

そしてきのうマイ家から愛の宅急便が届いた。
妻は大喜びである。
彼女から詳細報告があることでしょう。
c0010769_1720441.jpg

そのなかにあったカノアから僕へのラブレター。

きっと真ん中にあるのは僕が彼女に以前プレゼントした「ピーチャン」だな。
しかしこういうのを見ると、手遅れでもまっすぐな正しい大人にならなきゃって思ってしまう。
マイ家!!ありがとうね。
[PR]

by kkmelmo | 2006-03-18 17:26 | daily scene
2006年 03月 13日
下痢ってつらい
先週から体調が最悪であった。
凄い下痢と時々来る吐き気。
いやあちょと飲み過ぎたか・・・。
なんて思っていたら先週からもう5日もつづいている。
これにはさすがにおかしいと思い、僕のかかりつけのHクリニックへ行った。

僕の家から玉川病院という総合病院まで徒歩5分。
緑の中に佇む落ち着いた雰囲気のこの病院のことが好きだし信頼もしている。
ただやっぱり総合病院故の不都合は、混雑から来る待ち時間の長さである。
それとやっぱり先生との深いコミュニケーションはまず望めない。
2時間待って3分の診察。
ひどい先生は患者の顔も見ない人もいる。
それと、たとえば血液検査をしてもらったとする。
当然のようにその結果が出るのに一週間ほどかかる。
内視鏡検査に至ってはその検査を予約するのにまず10日ほどかかるときがある。
僕のようなぜっかちな性格では、その間悶々と過ごすことを考えるだけで萎えてしまう。
完璧なコンピューター化されたカルテや予約体勢になった極めて近代的な設備を誇る病院である。
でも医師との濃密なコミュニケエーションは欠落しているように思える。

2年前、自業自得の人間ドックの結果を持参してネットで探し当てたHクリニックへ僕は行った。
町のクリニックだけど、予約が出来て待たされることはあまりない。
先生は親身になって僕の話を聞いてくれ、適切な診断とアドバイスをしてくれる。
ここの気に入ったところは内視鏡や血液検査などはその場で(15分ほど)結果がでる。
僕はγ-GTPの数値のカウンセリングで通うようになった。(ここのM先生は肝臓、消化器専門医)
かかりつけの信頼できる医師として何かと相談にのってもらっている。
そしてここのM先生は立派な犬バカである。

話は大きくそれましたが、血液検査により冒頭の症状は「ウイルス性の腸炎」でした。
つまりお腹に来る風邪のようである。(血中の白血球数値によると腸内の炎症ではなかった)
初めての経験だったけど結構辛かったなあ。
飲食はかなり制限されたし、体内が正露丸でみたされた感じがした。
かなり回復してきました。
c0010769_23435662.jpg

もう少し禁酒しなはれ。
[PR]

by kkmelmo | 2006-03-13 23:49 | daily scene
2006年 03月 06日
ウスイちゃん
人生において、親友なんてそうできるモノではないと思う。
そしてその代え難い関係は、長く継続することも難しいのではないでしょうか。

約20年ほど前、某入社試験の面接控え室でウスイちゃんと出会った。
学部は違うけどたまたま同じ大学だったし、自然に話し始めたのは覚えている。
彼からこれから受ける面接に際しての基本情報を得て、僕はその面接に臨むことができた。
なにしろ呆れたことに、その会社のことはまったく知らないで受けていたもので・・・。
つまりウスイちゃんのおかげで、いまだに僕はこの世界で仕事が出来ているのだろう。

15年ほど前の大雪の夜、僕ら2人はとある寿司屋で泥酔していた。
さすがに帰宅することにしてその店の前で僕はウスイちゃんと別れた。
でもなにか胸騒ぎがして戻ってみると、環七の歩道の端に死体のように横たわったウスイちゃんを発見した。
横たわる彼の体の上にはうっすら雪が積もり、まるで雪山遭難者発見!!って感じであった。
「ウスイ〜〜〜!!眠るなあ〜〜〜死ぬぞお〜〜」って叫んだ覚えがある。
大雪の中彼を担いでアパートに帰って靴下を脱がせた。
彼は「ありがとう・・・」っていって寝てしまった。

つまり僕はウスイちゃんの命の恩人なのである。

お陰様でふたりとも独立して、それぞれそれなりに幸せに暮らしている。
まあ昔ほど頻繁に会って痛飲することもなくなったけど、いまだに信頼できる友である。
そんな彼がチロというキュートなトイプードルと暮らしはじめた。
いろいろ大変だったけど妻共々幸せに3匹で暮らしているようだ。
c0010769_005128.jpg

今日ジョーカーのパピークラスを受講する熱心な愛犬家達の中にそんなウスイ家3匹を発見した。
ウスイちゃんは想像以上に見事な親バカになっていた!!
ねえウスイちゃん、6年前僕がメルモと暮らしはじめた頃、
ぷっつりとフットサルの練習に行かなくなった気持ちが今になってわかるでしょ??
ボール蹴ってる場合じゃなかったのよ・・・。
c0010769_012893.jpg

帰り道に食べた「チーズサラダクレープ」、美味しかった。
c0010769_015146.jpg

さあああ、今日は君を洗うぜ!!メルモさん。
[PR]

by kkmelmo | 2006-03-06 00:09 | dog