<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2006年 10月 16日
景色と音楽
ここ最近映画音楽の仕事をしている。
だいたい映画って音楽演出は最後の行程である。
編集つなぎの最終段階で音楽付けが合流してくる。
後回しという言い方も出来るし、音楽次第という言い方も出来る。
僕自身映画のお仕事は何度かさせていただいている。
厳密に言えば本業ではないが、好きな仕事のジャンルであることは確か。
さっき最後の行程って書いたけど予算的にもそうみたい。
つまり最後に何とか残った財布の中身が、音楽用だったりする。
今回もけっして潤沢でないし、油断するとえらいことになったりする。
マイちゃんが参加していたハリウッドとは違い日本映画は盛況とはいえゼロがかなり減るレベルである。
でも今回の仕事を僕はかなり気に入ってる。
新興の配給会社だからスタッフが皆さんラジカル、そして監督が20代という若さ!!
少ない時間と限られた予算の中で本当に良いものを創りたくて頑張ってます。
尊敬する女優さんであるOさんの演技は素晴らしく、その演技に音楽を付ける作業は夢中になる。
そう、映画はやっぱりテレビとは違う・・・。
イイセリフやウマイ演技もあれば、さむいセリフや首を傾げる演技もある。
でもそのシーンにこだわる価値基準が根本的に映画的なのである。
そういや僕自身TV局がつくる映画が嫌いなのはそういうところかもしれないなあ。
「テレビ的な音楽はとにかく要りません」
という事前のプロデューサーの言葉に苦笑いだった。
当然だけど主人公の無言の背中は、そこに鳴っているメロによっていかような描写にもなる。
ポジティブにもネガティブにも。
見逃していた表情や空間が、付けた音楽によって際立つこともある。
奥深い作業であり僕らは自然に夢中になる。

僕はずっとジョギングをしている。
4キロほど坂の多い岡本近辺を走る。
今日初めてi-Podを耳につっこんで走ってみた。(いままでなんかバカにしていた姿)
いやああ、驚きました。
最近こんなに客観的に音を聴いたことがなかった。
Jミッチェルを聴きながら走るとそこはカナダのちょっと田舎の道の感じになる。
Kジャレットのピアノには自然にドイツ・ケルンに連れて行かれる。
S&GはNYの公園を白い息を吐きながらの走りにしてくれる。
SHUREのイヤホンは優秀で、集中力を誘う。
それは音楽を聴きながら車を運転して感じる風景とまるで違う。
いつものジョギングコースの見慣れた風景が何と演出されることか。
気がついたら40分ほどの素敵なロードムービーを楽しみながら走っていた。

やっぱり素敵な音楽は脳を非常にクリエイティブにするみたい。
それはとても素直な事のようだ。
c0010769_1264868.jpg

僕の大切な至福サウンドのひとつは「メルモのいびき」です。
[PR]

by kkmelmo | 2006-10-16 01:29 | amusement
2006年 10月 05日
TVについて
テレビを見なくなってきた。
いよいよまじで本気で見なくなってきた。
うちは子供がいないから、そうなると本当に見ないから家の中が静かになる。
僕の仕事の関係で見なきゃいけないときもあるのだけど、まじで見なくなってきた。
その最大の理由は、ひとえにうるさいからだと思う。
すごく嫌な周波数でうるさいのだ、ただただ不快なのだ。
そして色も汚い色だらけだ。
加工された原色がいっぱいセットに使われてデジタルで誇張されて彩られる。
ぼけ〜〜〜っと見てられないものになっている。

民放はCMになると音量が大きくなる。
聴感上大きく感じる。
これは単純にレベルが大きくなっているというより、コンプレッサーがかかっている。
自分の仕事関係ではバンバンコンプかけてるもんなあ。
ご免なさい。
CMになるとリモコンで音量レベルを下げなくてはいけない。

どの番組をみてもおなじタレントが並んでいる。
それも僕があまり好きでない人が大抵並んでいる。
まあこれは僕の勝手だからどうでもいいのだけど、とにかくあまり面白くない。
つまりテレビを見るということがかなり疲れることになっているんだと思う。

気をつけないと番組中途中のCMを何も考えないで見ている。
「このあといよいよ〜〜〜〜」なんていうMCの後、無意識にCMが目の前で流れている。
ふと恐くなる。
だって見せられてる、縛られてる感がしたから。
大事な人生の一瞬をサラ金のバカなCMを見るようにはめられている。
あぶない、あぶない・・・。

NHKだけで充分になってるし、そう考えるとやっぱNHKは凄い。
制作体質が民放とはかなり違うが、やっぱりそのラジカルさとクオリティは認める。
受信料を払おう・・・。
つまり僕にとって地上波TVというソフトがもう末期であるということかなあ。

早起きしてメルモと40分ほど歩いてくる。
贅沢な空気を吸って、その後のコーヒーは抜群に美味しい。
その後ソファーでネットラジオをデカイ音で聞きながら二度寝をする。
凄く気持ちいい。
つまりそのひとときにTVは単なる害でしかなくなってしまった。

そういや最近まわりとTVの話が合わなくなってきた。
c0010769_110187.jpg

[PR]

by kkmelmo | 2006-10-05 01:12 | daily scene