<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2006年 11月 29日
東京で犬と暮らすということ
僕は当然メルモが大好きです。
これはカワイイからとか癒されるとかというレベルではない。
僕はメルモの性格が好きなのである。
つまり単純にメルモは同居人としてかなりイイヤツなのである。
ああ、かなり犬バカ手記だと思っていますね。
違うんですよ、まじであいつ本当にイイヤツなんです。
c0010769_2104751.jpg

フラットという犬種のデーターの多くは、例えばメルモにはまったくあてはまらない。
ぼ〜〜っとしてるというか、かなり温和しい。
犬嫌いだけど、それにしても周りに対してかなり優しい。
もっと言えば謙虚でまったく自己主張はしない。
「ちょっと待ってて」というと限りなく待つ。
信じて貰えないかもしれないけど、ほとんど我々とは会話を含めて意志の疎通は出来る。
だから驚くほど犬と暮らしているという概念が無い。
彼女の目の表情ですべて解る・・・。

でもそれはどこまで言っても人間からのエゴに過ぎない。

もう7年以上続いているメルモとのサンポ。
面白いことに気付く。
まずかなりの確率で土の足場でウンチをする。
アスファルトと植栽されている土の斜面があれば確実に斜面に登ってウンチをする。
もしくは段差のある路肩があればその段違いを利用してウンチする。
長年それを眺めていて僕はメルモの本能を想像する。
つまり平坦な土以外の足場は、ウンチするのは自然じゃないんだと。
やっぱり用をたした後は、思いいっきり後ろ足で土を被せたいのである。
そして気張っているときの肉球の下はやっぱり土が良いのである。
そう、それがメルモ達の培われた習慣本能なんだと思う。
c0010769_2112087.jpg

たとえば雨上がり早朝の静嘉堂の森。
メルモは一心不乱に笹と草を食べる。
雨で洗われた綺麗な葉っぱを夢中でムシャムシャと食べる。
「おい、メルモいい加減にしろよ」って、そのままウンチで出てくることを
知っている僕はついついリードを引っ張って止めさせたるする。
でもこれもメルモにとってはインプットされた大事な本能である。
きっと何かしら消化機能の改善を目的とした自己治療行為であろう。

大変失礼だけど東京に住むオシャレな犬たちにどこまでこういう本能がキープされているのか不安になる。
おしゃれに表参道を歩くレトリバーは本当に幸せなのかまで思ってしまう。
僕の住む世田谷岡本の少しだけどやんちゃな環境はメルモを救っているのかもしれない。
が、当然元来あるそれを満たすものでは到底ないであろう。

先日休みだった僕は久々にメルモを多摩川に連れて行った。
泳ぎ命のメルモはダッシュで飛び込み、川を泳ぎまくり、河原を走り、枯れ草の中を探検しまくった。
それは「イイヤツなんですよ」って僕が言っているメルモとは別犬である。
体中泥だらけになり、いっぱい訳わかんない草の種を付けて、臭いメルモは思いっきり笑っている。
本当に本当に楽しそうである。
いつまでも僕が、出来る限り川の遠くに大きな枝を投げてくれることを待っている。
その汚くて臭くてどうしようもないメルモはとっても幸せそうである。
c0010769_2101787.jpg

東京で大型犬と暮らす。
じつはとっても不自然な事なのかもしれない。
僕は人間と暮らす犬を前提にメルモをトレーニングした。
でも泥だらけのメルモの方がなぜかホッとする。
だって幸せそうなメルモを感じていることが、やっぱり僕の幸せなのだから。

余談ですがその種と泥まみれのメルモを帰宅後風呂に入れたのですが。
良かれと思ったのですが、結論から言うと洗いすぎました。
それもお湯が熱すぎた・・・。
その後B医院で怒られました。
地肌の油分も取りすぎたみたいで、メルモは激しく掻いていました。

やっぱ、人間がその価値観で犬をキレイにしようなんて所詮自己満足なんでしょうか・・・。
[PR]

by kkmelmo | 2006-11-29 02:13 | dog
2006年 11月 17日
平野君
小学校6年生の時同級生に平野君がいた。
ちょっと平野君を記憶とともに描写します。
髪は柔らかい巻き毛(柔らかい天然パーマかな)
肌はそれはそれは透き通るごとく白い。
ちょっと目が細くて唇が厚いけど優しい顔つき。
今思えばその優しさは、いつも絶やさない口元のプチ微笑みからインプットされているのかも。
彼は確かあんまり成績は良くなかったし、なんたって運動オンチ。
白い綺麗な体操着(僕のは汚かったし破れてた)でドカドカ走っていた。
おっとりした性格でたとえば会話においても返事に結構時間がかかるタイプだった。
でもその口元はやっぱり優しいプチ微笑みがあって、不思議と健気にみんな彼のペースを尊重した。
昨今のいじめの状況を鑑みたときに平野君は典型的にいじめられるキャラだったと思える。
でも彼がいじめられていた記憶は全くない。

僕はそんなに仲が良かった訳でもないけど彼のことはこの歳になっても強烈に覚えている。

自然に同じ地区だったから同じ地元の中学校に通うことになった。
中学校に入学してクラブ活動を選ぶのはちょっとしたイベントである。
つまりみんな割と初めて自分の指向性や興味や展望をプレゼンし合うことになる。
僕は水泳部と剣道部と軽音楽部(エレキ禁止!?)をうろちょろしていた。
そんな中、なななんと平野君は陸上部に入った。
たしか同じ小学校からやって来たヤツらの中では結構話題になったはずだ。
僕も「おい平野〜〜、あのね陸上部ってわかってる??走るんだよわかってんの?」
なんて冷ややかに心の中で語りかけた。
でも当然平野君の中学入学を契機にしたトライアルスピリッツをみんな何気に感じていた。
でも既に中学生なりの「現実は厳しいよ〜〜っ!」て具合の冷めた論評も装備していた。

その後の平野君は、ただただ毎日グランドをひたすら走り続けた。
みんなの予想を遙かにこえるけど、彼らしい静かなガッツを感じさせながら走っていた。
最初はぎこちなかった競技ウェアもだんだんフィットしていった。
そしてそれは小学校の時の体操着とは違い、格好良く汚れていった。
あんなに白かった顔色も毎日の練習で真っ黒になり、
ふっくらとした顎も尖ってシャープになり明らかに精悍な顔つきになっていった。
そう平野君は必死で自分を改造していた。
それは周りや親から言われたんではなく、自らの何らかの克服のために走ることを選んだようであった。
確か3年生の時には100メートルを12秒台前半で走ったと評判になっていた。
最終的に部長になり試合前にダッシュをする彼の姿をグランドで見つめ、僕はかなりショックを覚えた。

平野君は多くの仲間に「やればできる」という古典的な教えをシンプルに示したくれた。

「頑張る」ってことが格好悪いと思いがちな年頃であったが、平野君の格好良さはみんな認めた。
別にその後平野君はオリンピックに出たわけでもないが、
僕にとって記憶に残る競技者であることは確かである。
c0010769_2424412.jpg

僕は小学校の時から平泳ぎの選手であった。
ツジ先生に徹底的に平泳ぎを鍛えられた。(それまでは泳げなかった)
ゆえにクロールが下手である。
もちろん泳げるけど、フォームと持久力がまったくダメである。
つまり基礎ができていない。
ということでジムのプールで格好良く美しくクロールを泳ぎ続けるオバーチャンに憧れて、
最近マジメにクロールの練習をしている。
イケメンの日体大生のフナハシ先生に基礎を教えて貰いひたすらプールに通っている。
別に試合や試験があるわけでもない。
毎回「もう、いいや」って水中で諦めそうになる。

そんな時僕はあの平野君の優しいプチ微笑みを思い出す。
[PR]

by kkmelmo | 2006-11-17 02:56 | daily scene
2006年 11月 12日
携帯日記 「スタバ・フリーク」
最近、早起き早起き!!
妻は高性能万歩計!!を付けて歩いている。
僕は自転車をスタンドから降ろしてメンテしてオイルを注したりしている。
つまり秋はK家にとってささやかにアクティブに始動なのだ。

そんなK家ブームは早朝スタバサンポ。
僕はかなりのスタバ・フリーク。
最近のお気に入りはカフェミストです。
先日ネットでスタバムックをゲットした。
なんかはまりそうでやばい予感があります。

テクテク瀬田のスタバまで歩いて近所のフラワーランドで寛ぐ。
c0010769_3304455.jpg

夫婦(みょうと)タンブラー持参ですね。
こんな引き出物もいまにあるかもねえ。
とにかく、これで40円引きね。
c0010769_331653.jpg

朝日の中、スコーン取り合ってる。
[PR]

by kkmelmo | 2006-11-12 03:38 | daily scene
2006年 11月 08日
携帯日記
むかしLAで暮らしている時、2月くらいに何度か雨を体験した。(2月ってよく雨が降る記憶が)
もちろんビーチサイドとダウンタウンでは天気や湿気が結構ちがう広い街なのだけど。
日常は天気がよくてもなにげに排気ガスなんかでモヤッとくすんだ空や街がある。
それが雨がひとしきり降った後のロサンゼルスの朝の気持ちの良いこと!!
まさに「カリフォルニアの青い空」である。
それまであまり意識していなかったのだが、それ以来雨上がりの朝のイイ天気には敏感なのだ。
今朝はまさにそんな朝でしたね。
もう外に出ないともったいない感じがしてしまう。

きっとおなじウキウキな感じのメルモとサンポ。
c0010769_23535662.jpg

アートですね。
c0010769_23541479.jpg

アートですね2。
c0010769_23543237.jpg

僕の携帯写真頑張ってますね。
c0010769_23544987.jpg

顔に葉っぱついてるぜ。
[PR]

by kkmelmo | 2006-11-08 00:08 | daily scene
2006年 11月 06日
イイ天気ですね
映画もまっすんが頑張って無事終了!
ということでなにげに休日を久しぶりに満喫した。
でも僕は先日ジムでクロールを個人レッスン体験し、マジで頑張ってしまった。
緊張と頑張りでどうやら背筋を肉離れしてしまった・・・。
こんな説明では全然解らないですよね。
後日恥ずかしながら告白させていただきます。

さてそんな背中から脇腹をかばいながらメルモと朝サンポ。
やっぱりこの時間は幸せな大事なひとときです。
c0010769_1561420.jpg

最近かなりお気に入りのWaldiesのシューズ。
KeenとかCrocsとかこの手のタイプは密かに流行ってきてる模様。
まじで楽でもうサンポには最適、いやいや仕事にもガンガン履いて行ってます。
c0010769_1563628.jpg

「世田谷のうんこ拾いです・・・・おい、待たんかい〜〜〜」
c0010769_156573.jpg

たまには記念撮影かな。
[PR]

by kkmelmo | 2006-11-06 02:06 | dog